S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
what about?
[WEB2.0]
[net community]
only personal note
anymore?


masaqui[at]gmail.com

グルメ情報

[チミンモラスイ!]
[iddy profile]
[about me]
store of amazon
100SHIKI PR Board

Webスカウター情報 [Web Scouter]
スカウター : チミンモラスイ?

ページランク



ASPアクセス解析

google proxy
mobile view

lou_trans


LINKZ
--

あわせて読みたい

MoKuJi
タグ
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ブロ電™切符

ソーシャルニュースサイト
あいついで、リリースされているソーシャルニュースに関する話題。
f0002759_14473066.jpgf0002759_14475583.jpg


マイネット・ジャパン、ニュース共有サイト「newsing」を開始」2006.7.27 @INTERNET Watch
→[プレスリリース]
→[newsing]

gooラボ、ニュース共有サービス「ソーシャルニュースサービス」」2006.7.28 @INTERNET Watch
→[gooラボ スタッフブログ:「ソーシャルニュースサービス」実験開始について]
→[gooソーシャルニュース]

newsing は、
マイネットジャパン」2006.7.2
というエントリでも紹介しておりますが、
元gooで「近江商人 JINBLOG」の上原さんが、
独立・起業した「マイネット・ジャパン」のサービス。
「newsing」はCGM大量生成時代に入って改めて必要とされている「編集」の機能を、メディア側ではなくユーザーの手によってなすことを可能にするプラットフォームです。 参加型のアーキテクチャ、フォークソノミー、群衆の叡智。改めて言う間でもなく、2.0的な、インターネット的なサービスです。
-「近江商人 JINBLOG」より

『newsing』の特徴
●ユーザー投票によるニュースランキング
●記事への○×投票とコメント
●ニュース引用記事の投稿
●ユーザー別の投稿・投票記事一覧ページ
●国内ニュースサイト検索
●モバイル閲覧
●人気記事のRSS配信


一方、gooソーシャルニュース は、上原さんの古巣gooの「goo ラボ」の実験的サービスで、9月末までの期間限定。
『ソーシャルニュースサービス』はブロガーと読者が作る新しいニュースサービスです。厳選されたブロガーによる投稿と読者による評価を通して、「ブロゴスフィア(ブログ界)の話題」や「いま知っておきたいニュース」を選び出す、新しいニュースサイトを目指しています。


どちらに軍配とかそういうことでなく、どちらも期待してみていきたいと思います。
:



ソーシャルニュースというのは、まだまだ認知度が高くはないのかもしれませんが、英語圏のサービスとしては「digg」というサイトが、日本のブロゴスフィアでもWEB2.0的サービスの一つとしても話題になっておりました。

今回発表されている、二つのサイトとして、ニュースに対して議論の場を提供しようという面では共通した部分ではないかと思われます。newsingでは、そのニュースに○×をつけるという方法で直感的な評価尺度を与えている部分で、digg に近いといえるかもしれません。

登録ユーザが記事自体を投稿するのに対して、gooソーシャルニュース では、オピニオンリーダーとして著名ブロガーの方々が記事を投稿して、ユーザはその記事に対して評価・コメントができるしくみになっています。
参加しているブロガーは以下の面々。
R30::マーケティング社会時評
大西 宏のマーケティング・エッセンス
ネットコミュニケーションの視点
404 Blog Not Fond
Log the Endless World
踊る新聞屋-。
H-Yamaguchi.net
5号館のつぶやき
FIFTH EDITION
ガ島通信」 など

ブロガーをまきこんだニュース系サービスの提供としては、「エキサイトニュースリンクポスト」にも通ずるところがあるかしら。(エキサイトでは「公式ポスト人」という名称)

ソーシャルニュースについては、 日本ナレッジマネジメント学会専務理事の山崎秀夫氏が下記のような記事を寄稿しています。
ソーシャルニュース・サイト("social news" site)の熾烈な争い」2006.6.19 @ソーシャルネットワーキング.jp

日本人というのが、公の場でのディスカッションを好むのかどうかということについて、多少疑問もあったりしますが、こういった場が提供されて、日々更新されるニュースのフィルタリング機能をはたしてくれることによって、効率的な情報取得に役立つことになるかと思います。

なにげに、2ちゃんねるのニュース系スレッドでは、まじめな議論が展開されることもあって、情報源としても役にたつこともあるのですが、いかんせんノイズが多いのも事実です。こういったソーシャルニュースサイトという分野で健全なコミュニティが育成されることには大いに期待します。
ちなみに、ニュース板の+というのがついている板は記者制になっていて、スレッドは承認されたユーザしかたてられないようになっています。これって、設計的にはgooソーシャルニュースと同様ですね。やはりこのへんのコミュニティのWEB2.0発展系ととらえることもできるのかもです。

こういった、サイトの場合ある段階まではスケーラビリティというのが価値をもつのではないかと思います。2ちゃんねるでも、ときおり断片的な知識のかけらがあつまることで、あらたな情報を提供してくれるようなことがあります。もちろん、一定のモラルに基づいた行動規範が必要となりますが、ニュースという情報にさらに知識や情報が付加されていくようなサービスに発展するといいと思っています。

ニュースというのは確かにフロー型の性質をもっている情報だと思いますが、そのアーカイブが価値をもつようなストック型の情報蓄積にもつながるといいのですが…

ところで、認知度はいまひとつのようですが、「ウィキニュース」のようなサイトの今後についても気になるところです。
→「オープンコミュニティーの百科事典サイト、ニュースに進出」2004.11.29 @HOTWIRED JAPAN
→「『ウィキペディア』より難しい『ウィキニュース』の運営」2005.4.22 @HOTWIRED JAPAN
[PR]

by p-article | 2006-08-02 14:56 | コミュニティ
<< DUOGATEのゆくえ? Yahoo!360°→Yaho... >>