S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
what about?
[WEB2.0]
[net community]
only personal note
anymore?


masaqui[at]gmail.com

グルメ情報

[チミンモラスイ!]
[iddy profile]
[about me]
store of amazon
100SHIKI PR Board

Webスカウター情報 [Web Scouter]
スカウター : チミンモラスイ?

ページランク



ASPアクセス解析

google proxy
mobile view

lou_trans


LINKZ
--

あわせて読みたい

MoKuJi
タグ
検索
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ブロ電™切符

feedpathの進化
feedpath、Microfomatsベースの記事テンプレート機能。検索機能も実装」@INTERNET Watch

feedathがリニューアル、FASTのエンジンを使ったフィード検索サービスを開始」@CNET
#feedath→feedpathの誤植だと思われます

[The Next Web 2006]にて発表されたようですが、feedpathがリニューアルということで大幅な機能アップのようです。

→[feedpath]

  →ニュースリリース(ブログエディタ強化)
  →ニュースリリース(サイトリニューアル)
  →ニュースリリース(法人向けサービス)
:



feedpathについては、
Blogエディタ@feedpath」2006.5.26
にインプレッションをのこしていますが、個人的にはとても関心をもっています。


機能的な拡張は大きく二つ

□Microformats への対応
hReviewとHcalendarベースのレビュー記事やイベント告知が可能に

□フォークソノミー型フィード&タグ検索サービス
Fast Search & Transferの技術をつかった「フィード&タグサーチ

Microformatsへの対応は、FEEDの活用という面でも新しい価値につながると感じます。
先月おこなわれた「第5回 WBS2.0 feat. 関 信浩@Six Apart」でも、実は小川さんがそれとなく、Microformatsへの対応を示唆されていました。


タグ検索について、ちょっと使ってみたのですが、なかなかイイです。
検索窓に検索したいワードを入れると、結果が表示されるのは、GoogleやYahoo!と同じですが、左側に関連するタグの候補が表示されて、そのタグで絞り込むことができます。
ただちょっとだけ残念なところは、検索クエリをGETで渡していないので、検索条件のパーマリンクが利用できません。フィードの対象となるのは、ニュースやブログなので、通常の検索エンジンとは使い方がことなるのかもしれませんが、情報の流通としてみた場合に、この辺がポイントとなるのではないかとも思ったりします。

ちなみに、[ホーム > Feed 検索結果]→[ホーム > タグ 検索結果]では、
[http://feedpath.jp/search/index.csp?search_text=Web2.0]
のように検索クエリのリンクを使うことができるようです。ただ、そこからさらにタグで絞りこんだ結果のパーマリンクは利用できません。



"The Next Web 2006"の舞台裏として、こんなブログエントリも…

ネットベンチャー業界に亀裂?...

ネタだと思いますが(笑)

はてな vs feedpath?(^^;)
...真相やいかに(笑)
[PR]

by p-article | 2006-07-15 13:11 | その他
<< US Yahoo! リニューアル 10年後のインターネットの姿 >>