S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
what about?
[WEB2.0]
[net community]
only personal note
anymore?


masaqui[at]gmail.com

グルメ情報

[チミンモラスイ!]
[iddy profile]
[about me]
store of amazon
100SHIKI PR Board

Webスカウター情報 [Web Scouter]
スカウター : チミンモラスイ?

ページランク



ASPアクセス解析

google proxy
mobile view

lou_trans


LINKZ
--

あわせて読みたい

MoKuJi
タグ
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ブロ電™切符

持続可能なブログ会議
情報考学 Passion For The Future」の橋本大也氏による、
1000エントリ達成記念 持続可能なブログ会議
に参加してまいりました。

情報発信を長く続けるコツをみつけましょう。

ある統計によると、世界には1千万以上のブログがありますが、3分の2のブログは3日坊主で終わるそうです。一ヶ月続くのは○%であり、1年続くのはわずか○%のブログに過ぎません。作ることは簡単でも、続けることが難しいのです。(この数字は当日、紹介します)

毎日、情報発信を長く続けるメリットは明らかです。常連読者が増え、信頼が増します。縁者ができればリンクも増えるでしょう。そして1記事のブログよりも、1000記事のブログの方が1000倍も検索エンジンにみつけられやすいと言えます。

ブログを書くのが当たり前になった今、”持続可能な”が新しい論点になっていると思いました。そこで本イベントでは、ブログなどの情報発信を何年あるいは何十年も続けた実績を持つ方々をゲストにお招きし、その秘訣を共有したいと思います。


第一部 基調講演 「ブログ千夜一夜」
情報考学Passion For The Future 橋本大也

第二部 特別講演 ネタが尽きない技術 アイデアマラソン発想法
アイデアマラソンシステム 代表 樋口健夫氏

第三部 パネルディスカッション
司会 橋本大也
・鮒谷 周史さん メールマガジン 平成・進化論
百式管理人 田口元さん
たつをのChangelog 山下達雄さん


→[暫定トラックバックセンター]
:



f0002759_15101194.jpgちなみに、こちらの後姿の方は、[シゴタノ!]の大橋氏
ある意味、ブログ更新界の第一人者(笑)ですね。
ご挨拶したかったのですが…面識がないもので(笑)
背後からの盗み撮り失礼しました。いつかきっとご挨拶したいものです。


会議としての内容については、
持続可能なブログ会議 報告第一弾 「デジタル情報を活用する7つ道具」と感想
..明日さらに報告が続くそうです。
プレゼン資料含めてアーカイブされるそうなので、そちらを御参照いただくとして、
感想的なものをメモしておきます。

まずなんといっても、1000エントリとぎれることなく、ブログを続けていくというところに感心するばかりです。
橋本氏は、1日1エントリ主義(笑)とのことなので、1000回=1000日ということです。
会議のなかで、橋本氏が代表取締役を務める「データセクション株式会社」のシステムを利用して、ブログアーカイブから約4800万件の記事を分析したレポートが興味深かった。ある意味、ブロゴスフィアの環境分析(笑)です。

持続ブログとは、どんなブログか?というテーマで、
1,109,282 ブログ
48,016,355 記事
を対象に分析。

持続ブログの定義を、365エントリ1日もかかさず連続的に持続したものとしたうえで、(10万件をランダム抽出して分析)
365以上 14,240
365未満 985,760 約1%が持続ブログと認定。

3日坊主の比率は、約14%

ある1日をサンプルに更新回数を計量したところ、659回もブログを更新(これは、更新というかエントリだと思います。)したものがあった。

内容的には、ロボットによる自動更新で広告を目的としたもの。

また、多更新されるブログプロバイダは、FC2、Seesaaが目立ち、ついてLivedoorだとか。

1週間のエントリ数の平均をみると、はてなが約5回と他のブログよりも抜きんでているそうです。このあたりは、はてなユーザの属性の違いが顕著にでている面白いデータだと思いました。

持続ブログのタイトルは約1.5倍長いタイトルがつけられており、本文も1.7倍長いそうです。それだけ丁寧にかかれているという解説がありましたが、手をかけているヒトほど長く続くといのも興味深い結果です。まあ、なにしろ1%の選ばれているひとなのだから納得かなと。

橋本氏から、まとめとして ブログを長く継続するために気をつけている3つのこととして、
□目指さない
□習慣化
□最小コストで最大に書く方法を開発する

さいごの方法論については、直感から"知識部品"を芋づる式に引き出すようにする方法など、いくつか事例とともに紹介されました。

#けっこう面白い内容でした。

続いて樋口氏より、「アイデアマラソン」についての紹介。
紹介とかきましたが、パフォーマンスといったほうがいいかもしれません。アイデアマラソンについては、公式ページなどをみていただくとして、なにしろすごいプレゼンでした。他の参加者も樋口氏の発表をブログで絶賛しています。とにかく圧倒された感じですね。
メソッドとしても、世界中に注目されていることはもとより、企業での採用もひきあいが多いようです。

最後のセッションは、持続ブロガーとして代表者の方々を交えてのトークセッションでしたが、質疑のなかで、「途中でやむ得ない理由で中断したりして、復活する場合などが結構課題があるのでは?」という話がでたのですが、回答全般として、「ストックがあるので中断しない」という意見が多数をしめて、そもそも中断しない前提(笑)というのが面白かったです。なにかのためにストックしておくというのは、デスノートみたい?(笑) なにかこう、ものすごい強い意志を感じました。使命感ですね(笑)

山下氏からは、今回のテーマにそった形でのプレゼンがあり、10年(!)のブログ歴の重みとともに、なかなかヒトを惹きつける説得力があるものでした。


持続の秘訣としては、口をそろえて習慣化ということがでていました。

ずーっと続けていくのか?というテーマについては、ほぼ辞めることを想像できないと言うなか、百式の田口氏だけが辞めるきっかけが欲しい(笑)というのが印象的でした。

あと、田口氏のことばとして「"Trusted Media"を目指すにはどうすればいいかを考えて、毎日更新という結論に達した」というのもなるほどと思った部分です。たしかに、どうやって信頼性を担保するかというのは重要な課題だと再認識。


#リンクの追加等、あとで適宜、追加・更新予定。
[PR]

by p-article | 2006-06-16 15:18 | コミュニティ
<< ダイエットコークとメントスの出会い系 what's Page... >>