S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
what about?
[WEB2.0]
[net community]
only personal note
anymore?


masaqui[at]gmail.com

グルメ情報

[チミンモラスイ!]
[iddy profile]
[about me]
store of amazon
100SHIKI PR Board

Webスカウター情報 [Web Scouter]
スカウター : チミンモラスイ?

ページランク



ASPアクセス解析

google proxy
mobile view

lou_trans


LINKZ
--

あわせて読みたい

MoKuJi
タグ
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ブロ電™切符

考えるコンテンツ「スマーティブ」
先週、「国立情報学研究所」のオープンハウス(研究一般公開)に行ってきましたが、そのなかでパネル展示をしていたものから気になったものをひとつとりあげます。
(といっても私の自分用の整理のためのエントリですが..)

頂いた、資料には、
自由で安全なコンテンツ流通を実現するための
エージェントフレームワーク:スマーティブ

何ができる?
コンテンツをエージェント化することによって、コンテンツの作成者や編集者のポリシーを遵守し、柔軟で安全な流通が可能になります。
コンテンツ流通の促進、コンテンツの表現力の向上、使い勝手の向上などの効果が期待できます。

どんな研究?
自律機能、交渉機能、協調機能を持たせた、エージェント化されたコンテンツ(スマーティブ)の開発を行なうためのフレームワークの研究を行なっています。コンテンツにかかわる人々の希望や要求をポリシーとしてコンテンツに埋め込みます。

と書いてあります。

→展示ポスタ1:[全体像](pdf)
→展示ポスタ2:[利用例](pdf)

今年の2月に、
NII、“自ら考える”コンテンツを作り出す「スマーティブ技術」を発表」2006.2.9
という記事をみていて、"スマーティブ"という技術については、気にはなっていたものの、ほとんど何も知らない状態だったのですが、この機会にちょっと勉強しておこうと思います。

→[スマーティブプロジェクト]
:



プロジェクトの公式ページにある、
スマーティブとは?
に図解をまじえた解説がのっていて、一部引用させていただくと、
 スマーティブは、コンテンツにかかわる人々の希望や要求がポリシーとして埋め込まれているコンテンツです。 ポリシーには、コンテンツの流通方法、表示・再生場所、他のエージェント(スマーティブ同士やスマーティブとユーザーエージェント) との関係を規定した「協調ポリシー」と、コンテンツが自分自身の振る舞いを自己制御する方法を規定した「自律ポリシー」があります。

要は流通させるコンテンツひとつひとつに
コントロールしたい条件などを定義するということ?

 また、スマーティブは、相手や状況によってコンテンツを変更したり流通を変えたりすることができます。そのために、「コンテンツの素材」 とコンテンツの生成手順や流通手順(コンテンツの振る舞い)を表す「制御記述」を保持しています。 例えば、三次元アニメーションコンテンツの素材としては、キャラクターの座標情報や、BGM音楽が素材になります。 そして、それらを組み合わせてさまざまなシーンをつくり出すプログラムが、制御記述です。

ふむふむ、「コンテンツの素材」に対して、「協調ポリシー」「自律ポリシー」を設定し、「制御記述」で規定したコンテンツということ?

で、どうやらエンドのユーザのインターフェースとして「エージェント」と呼ばれるものがあって「スマーティブ」と「エージェント」がその条件にしたがって契約をおこなって、ユーザにコンテンツを提供するという仕組みと考えていいのかな??

この「スマーティブ」と「エージェント」を動かすために、「フリーディア(Freedia)」という基盤ソフトウェアを使うとのこと。

[スマーティブの効果]として、
「コンテンツ流通の促進」
「コンテンツの表現力の向上」
「使い勝手の向上」
が期待されるそうです。

会場にで説明をしていただいた方から、解説をした本をいただいたのですが、これからもうちょっと勉強が必要のようです(笑)
多分10分の1も理解してないような気がします…

考えるコンテンツ「スマーティブ」
本位田 真一 由利 伸子 吉岡 信和 / 丸善
ISBN : 4621053744
スコア選択: ※※※※

## "なか見!検索"に対応しています。
第1章 電脳世界の大開拓
―あふれるエネルギー、潜む危険性
第2章 スマーティブが築くダイナミックな秩序
―状況に応じて賢く判断
第3章 スマーティブが切り拓く新しいサービス
―お客さまが本当に神様になれる日
第4章 スマーティブ技術
―日本発のコンテンツ流通技術
第5章 スマーティブが起こすユビキタス革命
―スマーティブが身体をもつ日


コンテンツの流通を考える上で、コンテンツの品質の追究と同じくらい、そのコントロール(制御)に配慮する必要があります。こういったしくみの応用・適用もあわせて考えていく必要があると思っています。
[PR]

by p-article | 2006-06-13 16:52 | コミュニティ
<< ヤフーもソーシャルブックマーク モビルスーツ@R25 >>