S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
what about?
[WEB2.0]
[net community]
only personal note
anymore?


masaqui[at]gmail.com

グルメ情報

[チミンモラスイ!]
[iddy profile]
[about me]
store of amazon
100SHIKI PR Board

Webスカウター情報 [Web Scouter]
スカウター : チミンモラスイ?

ページランク



ASPアクセス解析

google proxy
mobile view

lou_trans


LINKZ
--

あわせて読みたい

MoKuJi
タグ
検索
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ブロ電™切符

Yahoo!360°
Yahoo!360°の正式サービスは7月から、新サービス名発表とBB会員の登録開始は延期
 ヤフーがソーシャルネットワーキングサービス(SNS)「Yahoo!360°」の正式サービスを2006年7月に開始することを明らかにした。正式サービス開始後の機能強化などは「まだ未定」(ヤフー)だが、「Yahoo! JAPAN」のトップページからもリンクを貼るなどして会員数増加に本格的に力を入れる。


2006年2月28日、ベータ版としてローンチ以降、とくにプロモーションを行うでもなく かなりひっそりとした感じで運営されていましたが…
(そういえば、「Yahoo! 360°」にかわるネーミングの募集というのはありましたけど)

先週、コミュニティ機能が実装されました。
「Yahoo! 360°」がコミュニティ機能を公開。タグやパスワード機能を実装」2006.5.15
ヤフー、SNSサービス“Yahoo! 360°”に参加者自身がタグを追加できるコミュニティー機能を追加」2006.5.15
ヤフーのSNS「Yahoo! 360°」にコミュニティ機能が追加」2006.5.15
Yahoo! 360°がコミュニティ機能を搭載、「タグ」による分類・検索が可能」2006.5.16
ヤフー、SNS「Yahoo! 360°」にコミュニティ機能を追加、検索も可能に」2006.5.16

サービス開始まもない時期には、ブログなどを見るかぎりユーザの反応としては「登録したのはいいけど、何をしたらいいのかわからない??」というような意見をみかけました。

コミュニティ機能が追加されて10日ほどたち、ひさしぶりに覗いてみたところ、かなりの数のコミュニティがつくられており、随分と印象がかわりました。
:



mixi との機能的な違いとして、コミュニティにタグがつけられるのがなかなか気がきいていると感じました。2ちゃんのマルチスレッドと同様、どうやってコミュティをみつけるかというようなフェーズになったときに、このタグの機能が効果を発揮するのではないでしょうか?


当初、この5月には正式サービスとしてローンチして、BB会員・プレミアム会員は招待なしに自由に登録ができるようになるとのことでしが、正式なサービス開始は7月に延期されたようです。

ITProの記事によると、
2006年5月23日現在、
Yahoo! BBの回線数は約504万回線、
Yahoo!プレミアム会員は約623万IDの発行

とのことですが、
先行者として利用者を開拓したmixiが現在400万人を目前としていますが、Yahoo!SNSも急激に拡大するポテンシャルをもっています。コミュニティのデザインとしてどのような魅力を提供できるかということもありますが、スケール的なメリットをうまくデザインできれば、一気に800万人くらいになりうる可能性もあります。

メガスケールSNSが複数存在したときに、現在では予測し得ない棲み分けや、シナジー効果を生み出す可能性も考えられます

こういったサービスは複数登録されて、いわば利用者にとっての評価猶予期間があるわけですが、その期間にネットユーザの可処分時間をどう獲得してどのようなエクスペリンスを提供できるかで、ポジショニングが決定されるのだと思います。

コストメリットを訴求したとはいえ、なんだかんだで500万契約を獲得したYahoo!はあなどれないと思います。

そしてさらに、"LIVE"というキーワードをつきけるMicrosoft=MSNの日本での展開も気になるところです。
日本のネット市場において、各ポータル・ISPがほぼもれなくブログを提供していったのに対し、SNSについてはライブドアが先行した程度で随分と消極的だったのですが、これからポータル・ISPを交えたSNS戦国時代に突入するかもしれないですね。

なんちゃって(笑)ちょっと大げさですね。
[PR]

by p-article | 2006-05-24 23:48 | コミュニティ
<< ローカルトピック検索@gooラボ OKWave特設カテゴリーQ&... >>