S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
what about?
[WEB2.0]
[net community]
only personal note
anymore?


masaqui[at]gmail.com

グルメ情報

[チミンモラスイ!]
[iddy profile]
[about me]
store of amazon
100SHIKI PR Board

Webスカウター情報 [Web Scouter]
スカウター : チミンモラスイ?

ページランク



ASPアクセス解析

google proxy
mobile view

lou_trans


LINKZ
--

あわせて読みたい

MoKuJi
タグ
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ブロ電™切符

無線LAN内蔵SDカード"Eye-Fi Connect X2" モニター中 [セットアップと転送]
f0002759_0141786.jpg


ブロガーズ・ラウンジさまより、「Eye-Fi Connect X2 4GB」をモニターさせていただいております。

→「Eye-Fi メモリーカード: お使いのカメラからコンピュータやウェブに、写真や動画を直接アップロード。

Eye-Fi Connect X2 4GB EFJ-CN-4G

Eye-Fi Japan



#当エントリは、アイファイジャパン株式会社からの案内をうけたものとなります。

なお、ブログでの商品の紹介を条件に、モニター品は返却不要となっておりますが、感想等の内容については、特別な条件があるわけではございません。
:



無線LAN内蔵SDカード「Eye-Fi」は、2008年12月の国内で発売となっておりましたが...

→「Eye-Fiジャパン、「Eye-Fi Share」を年内に国内発売」2008.11.12 @デジカメWatch
→「アイファイジャパン、無線LAN内蔵SDカード「Eye-Fi」を国内発売」2008.12.3 @デジカメWatch

発売前から、いろいろと話題にあがっていて、ずっと気になっておりました。

2006年あたりから、国内でも紹介されていたみたい。
(USでの発売は、2007年から)

→「Eye-Fi Eye-Film:無線LANアップロード機能を内蔵したSDメモリカード」2006.5.1 @engadget日本版


今回モニターさせていただいております「Eye-Fi Connect X2」は、今年の5月に発売となっております。

→「Eye-Fi、「Eye-Fi Pro X2」などを発表」2010.3.24 @デジカメWatch
→「アイファイジャパン、RAW転送やジオタグに対応した「Eye-Fi X2」」2010.5.13 @デジカメWatch
→「アイファイジャパン「Eye-Fi X2」」2010.5.25 @デジカメWatch


発売から、約半年経過していて、なんで今頃モニタープログラム?という感じですが、10月末よりオンラインの画像保管サービスが始まっていて、こちらのサービスについての使用感のレポートもモニターの条件となっております。

#「Eye-Fi View」については、エントリーをあらためてレポート予定です。

→「Eye-Fi、容量無制限の画像保管サービスを開始」2010.10.28 @デジカメWatch
→「アイファイジャパン「Eye-Fi View」」2010.12.14 @デジカメWatch


前置きが長くなりましたが...

以下、ちょっとした使用感のレポートとなります。

f0002759_0141891.jpg

パッケージは、DVDケース(アマレイタイプ)より、ちょっとだけ小さくて、Blu-rayのパッケージとだいたい同じ大きさです。

f0002759_0142169.jpg

セットアップガイドが同梱されておりますが、パッケージと一体となっていて、ちょっと使いにくいかもw

f0002759_0141880.jpg

USB Card Reader も同梱されているのですが、Wi-Fiなのになんで?という気ががしなくもないですが、Eye-Fiの設定を行うためにPC側にアプリケーションのインストールの際に、このカードリーダを使わないといけないみたいです。

Eye-Fiカードを、このリーダにセットした状態で、PCのUSBポートに差し込むことで、インストールが開始されます。

このUSBカードリーダーが、ちょっと横幅があるので、USBハブ等を経由しないと、他のUSB周辺機器と干渉しそうです。

PCに「Eye-Fi Center」というアプリケーションをインストールします。
#Adobe Airベースのアプリなので、Airの環境のインストールもあわせておこなわれます。

f0002759_014741.jpg

f0002759_014841.jpg


f0002759_014875.jpg

ソフトウェアアップデート

f0002759_014838.jpg

ファームウェアアップデート 4.1017→ 4.2139

f0002759_014950.jpg

各種オンラインサービスとの連携の設定

f0002759_014980.jpg

Facebookとの接続を許可

f0002759_0141031.jpg


とりあえず、セットアップは完了w

このあたりまでは、画面の指示にしたがっていけば特に問題もなさそうです。

僕の自宅の無線LANの環境では、登録したMACアドレスのみを接続許可としているので、そのあたりをゴニョゴニョと設定。

f0002759_0141182.jpg


「Eye-Fi Center」にて、画像の転送先などを設定します。
これまで、デジカメの写真は、NASにカメラごとにYYYYMMDDのフォルダーで日別に保存しておりましたが、フォルダー名などカスタマイズが可能で、撮影日か転送日を指定して転送できます。
また、PCのローカルHDDではなく、NASへの保存も問題なく設定できました。

これで、一通りの準備完了ww

ちょっと、セットアップまでに苦手意識で、一週間ほど放置しておりましたが(笑)、やってみると簡単にできましたw

で、あとは、デジカメにEye-Fiカードをセットして、普通にSDカード(SDHCカード)と同様に撮影するだけ。

PCの電源が入っている状態で、撮影画像データがはいったカメラの電源オンで、勝手に転送さます。

f0002759_0141724.jpg


転送中、PC画面の右下に転送画像がモニターされます。

Wi-Fiでのデジカメ画像の転送は、CerevoCamでも体験していいるのですが、普段使っているカメラが、そのままWi-Fi対応になるのは、ちょっとした感動体験(笑)

Eye-Fi使ってる知人から、このあたりの利便性は聞いていたのですが、やっぱり体験してみないとこの手軽さはわからないですね。

僕の場合、食事の写真など、ほぼ毎日なにかしら撮影(というか記録w)しているので、データのとりこみが格段に楽ちんになりますね。

ただ、ちょっと難点というか、これはカメラ側の設定の問題ですが、省電力の設定で、一定時間で電源がオフになる設定をしていて、Eye-Fiでデータの転送中でも、デジカメの電源がオフになっちゃうんですよね...
とくにエラーとなるわけでもなく、再度デジカメのパワーをオンすれば、再開されるのですが、転送中はカメラの電源がオフしないように、カメラ側のファームアップデートにも期待したいなー。

というわけで、撮影画像のとりこみがものすごく便利になったわけですが、「Eye-Fi View」についても利用して、後日エントリーの予定です。

→「アイファイジャパン、パーソナルクラウドサービス「Eye-Fi View」を提供開始 << 最新情報 << Eye-Fi Japan
[PR]

by p-article | 2010-12-22 00:25
<< "Bingソーシャル... mixi日記×デコメ® >>