S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
what about?
[WEB2.0]
[net community]
only personal note
anymore?


masaqui[at]gmail.com

グルメ情報

[チミンモラスイ!]
[iddy profile]
[about me]
store of amazon
100SHIKI PR Board

Webスカウター情報 [Web Scouter]
スカウター : チミンモラスイ?

ページランク



ASPアクセス解析

google proxy
mobile view

lou_trans


LINKZ
--

あわせて読みたい

MoKuJi
タグ
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ブロ電™切符

"Messages" @facebook.com
f0002759_0491745.jpgFacebookからメールとメッセージを統合したサービスの発表がありました。


Facebook、メールやIMなどを統合した「Messages」を発表」2010.11.16 @INTERNET Watch
 米Facebookは15日、新たなコミュニケーションツール「Messages」を発表した。チャットやメールなどの各種メッセージを一元的に利用できるサービスで、ユーザーに対しては「@facebook.com」形式のメールアドレスが提供される。

 「Messages」は、SMSやチャット、メール、インスタントメッセージ(IM)など、友人とのメッセージのやりとりを一元的に行えるサービス。「@facebook.com」形式のメールアドレスも提供されるが、公式ブログでは「Messagesはメールではない」と説明。メッセージは相手に合わせて適切な送信方法が選択されるため、ユーザーにとっては相手の名前を選んでメッセージを入力するだけでメッセージが送信でき、「SubjectやCC、BCCといった項目は無く、メッセージを送りたい場合にはエンターキーを押すだけでいい」としている。

→「See the Messages that Matter」2010.11.16 @Facebook

【関連記事】
Facebook、新メッセージ・システムを発表―キーワードは「シームレス、シンプル、ソーシャル受信トレイ」」2010.11.16 @TechCrunch
Facebook、新メッセージサービスを発表--「Social Inbox」などを採用へ」2010.11.16 @CNET
Facebook、メールやチャットを一元管理できる新「Messages」を発表」2010.11.16 @ITmedia
Facebookが統合メッセージサービス Google対抗色出さず【湯川】」2010.11.16 @TechWave
:



f0002759_23332748.jpg


メールサービスの展開については、以前より話がでておりましたが...

Facebookやっと本格的なWebメールをサポート–Gmailキラーと騒ぐ人たちも」2010.2.6 @TechCrunch JAPAN
Facebook’s Gmail Killer, Project Titan, Is Coming On Monday」2010.11.11 @TechCrunch

TechWaveにも...

→「Facebookがメールサービス発表でgmail直撃?【湯川】」2010.11.13 @TechWave


今回の発表では、Gmail Killer ということについては、否定しているようですね。

→「ザッカーバーグ曰く「私たちのシステムはメールキラーではない。が、結果的に死んでいく・・・ 」」2010.11.16 @TechCrunch JAPAN

新サービスの発表では、Facebook上でのメッセージトラフィックについての言及もあったようです。

→「Facebook―毎日3億5000万人が40億通のメッセージをやりとり」2010.11.16 @TechCrunch JAPAN

いまのところ日本では、まだまだコミュニケーションのインフラ的な役割となっているとはいえない状況でもあるので、メッセージ機能に依存するところはないのかなとも思いますが、グローバルでは想像もできない情報の交錯がひとつのサービス上におこなわれているんですね...

日本では、携帯電話キャリアのゲートウェイサービスとして、どれくらいのトラフィックがあるんでしょうね??


ソーシャル受信トレイといえば、こんなのもありました。

→「受信箱をソーシャルにするXoopitが$5M調達、ベータ公開に(招待状あり)」2008.4.1 @TechCrundh JAPAN

Facebookアプリもあるのかな?

→「Facebook | Xoopit for Gmail


Facebookでは、こんな話題も...

→「Facebook、マイクロソフトの「Office Web Apps」と新インボックスを連携」2010.11.16 @CNET

これもなにげに、注目ww


Messagesの展開ですが、現在招待制で、数ヶ月かけて順次公開されていくようです。

ユーザー登録をともなったサービスでは、なにげに登録時のメールアドレスを求められたりしているわけで、個人のIDとしての役割としてもメールサービスがになっている面もあるため、メールアドレスのユーザーのアイデンティに密接な関係をもっているかと思います。

→「Gmail’s buzz – much bigger than its bite?」2010.11.11 @compete pulse

こんな調査結果もでていますが、AndroidでのGmailの支配力が大きいことを考えるとこのあたりの勢力図もかわってくるんじゃないかとも思われます。

Facebookがコミュニケーションのプラットフォームとなるうえでも、メールサービス協力な武器となっていく可能性もあるのではないかと思います。
[PR]

by p-article | 2010-11-17 00:30 | コミュニティ
<< "UQ Flat 年... "てぃえば"... >>