S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
what about?
[WEB2.0]
[net community]
only personal note
anymore?


masaqui[at]gmail.com

グルメ情報

[チミンモラスイ!]
[iddy profile]
[about me]
store of amazon
100SHIKI PR Board

Webスカウター情報 [Web Scouter]
スカウター : チミンモラスイ?

ページランク



ASPアクセス解析

google proxy
mobile view

lou_trans


LINKZ
--

あわせて読みたい

MoKuJi
タグ
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ブロ電™切符

[タ]三峯徹の伝説
tvblog_icon

タモリ倶楽部

テレビ朝日 2010年10月16日 00:20~



エロ漫画誌に投稿し続けて20年!
幻のハガキ絵師 三峯徹の伝説

【ロケ地】港区 六本木
【出演】タモリ、みうらじゅん、玉袋筋太郎(浅草キッド)水道橋博士(浅草キッド)
【制作著作】テレビ朝日、田辺エージェンシー
【制作協力】ハウフルス

エロ漫画誌の読者投稿ページを開くと、きわめて高い確率でその作品が採用されている投稿専門の絵師・三峯徹。一度見たら忘れられない独特なタッチで投稿を続けること20年。今回はそんな彼の足跡をたどりながら謎に迫ります。

雑誌の投稿コーナーの常連絵師の方にフィチャーしてみようという企画。
:



室内に移動してのトーク。

会議机の上に、ADさんが買ってきたという10冊のエロ漫画雑誌がならびます。

み)「どこなんだろう?そんなにそろってるの」
水)「だいたい行かれるところなんじゃないですか?」
み)「ぼく行ってるところは、新宿のローランっていうところ。そこしか行かないw」

→「ブックスローラン - 東京都書店案内


巻末の投稿欄を開くと、すぐ三峯さんの作品が見つかって、歓喜の声をあげる一同。

タ)「ただ、投稿しているひとのなかでも、巧くないねw」
み)「上手い下手じゃないですよ。パッションですからね。」


三峯伝説を知る
エロマンガ業界人たち

漫画家 浦嶋嶺至 さん
「甘くせつない夜」 オークラ出版
「ぬきまん。」 松文館

浦)「読者コーナーに、たいがい載っているキモチ悪い絵があるということで、気になってみていた。自分が載っている雑誌にことごとくでている(笑) 自分のデビュー時期とほぼ同じくらいから?」


漫画家・編集者 結城らんな さん
「純愛果実」 光彩書房

結)「自分が担当していた雑誌に、毎月投稿してくれていて、何度かみているうちに気になるようになった」


キルタイムコミュニケーション
編集者 山田徹 さん
「二次元ドリームマガジン」「コミックヴァルキリー」
キルタイムコミュニケーション

山)「個性的な絵があるなーと気がついたことがきっかけ」


タ)「たくさん投稿のあるなかで、わたしならあの絵を選ばないw」
結)「パッションが伝わってくる」

水)「逆にこれだけ、続いていると、はずすわけにはいかないみたいなのは?」
浦)「三峯徹のハガキがくると、そのまま捨てちゃうというところもある」


エロ絵師・三峯徹ヒストリー
~作風の変遷~

三峯徹 年表
1967年 神奈川県に生まれる
1989年 「ペンギンクラブ山賊版」に初投稿
1991年 少女+ポエムの原型が生まれる
1993年 女性が服を脱ぎ捨て始める
1994年 ビザールや異常性愛の世界に突入
1995年 透け乳首イラストが多発
1996年 三峯王道の構図が確立
1999年 イラストの完成度がピークを迎える
2002年 爵位を賜る
2005年 絵が枯れ、デッサンも再び狂い始める

初投稿作品が発掘されましたw

f0002759_14133172.jpg


玉)「22才ってことは、大学卒業したころなんですかね?」
玉)「どうして投稿しだしたってことなんですよね」
水)「そのあたりは?」
浦)「まったく謎です」
み)「謎っていうとカッコイイけど、どうでもいいじゃない(笑)」

1991年 少女+ポエムの原型が生まれる

浦)「文章が長くダラダラ書いていて、キレがまったくない...」
浦)「三峯徹の自分のスタイルがまったく確立されてない」


三峯伝説1
三峯作品は封書で投稿される

三峯伝説2
新創刊の雑誌に三峯氏から投稿がくると その雑誌は長続きする

三峯伝説3
三峯作品が載っている限りその雑誌はつぶれない


三峯氏の年譜を振り返ったあと、ここで自宅でのインタビュー映像!?

テレビ初! 独占インタビュー
三峯徹の真実

どれくらいの雑誌に投稿している?

三)「30誌に出しております」

手帳には、各誌の〆切り日がびっしりと記載

一枚書くのにどれくらいの時間が?

三)「約1~2時間はかけてますね」
三)「ネタ的に考えるのがもうちょとかけてしまうので 5時間くらいはかかりますね」

封書で投稿するのはどうして?

三)「昔実家にいたときにハガキに書いて出して 親に見つかったりとかいうのがあったんで」

絵柄で影響を受けた人は?

三)「やっぱり石ノ森章太郎先生ですかね」
三)「まあタッチは違うんですけどね」
三)「とんがってる頭とか 髪型とかは影響をうけてますね」

女性の体のパーツで重視するところは?

三)「やっぱ乳輪の大きさですかね やっぱ」
三)「できれば大きい方が好きかなっていうような感じですね」

好きな食べ物は?

三)「やっぱお寿司とかお刺身とかそういう系が好きですね」

お寿司で好きなネタは?

三)「まあやっぱマグロですね」

--

浦)「三峯徹というのは、編集部がつくりあげた架空の人物ではないかという声もあったが、これで実在の人物ということが明らかになった」
タ)「写楽みたいだな」


他人に見せた事がない作画作業を特別に公開!

今日はどこの雑誌の投稿ですか?

三)「コミックMUJIN宛の投稿イラストを描いてますね」
三)「9月頭の発売だから夏の思い出というか」
三)「夏に起きた事を描こうかなみたいな事を思っていますね」

鉛筆での下書きのあとに、ペン入れ
使用するGペンには強いこだわりが

三)「体用と顔用と 2つのペン先で使って描いております」

体はゼブラ製のGペン
顔の細かい部分はニッコー製のGペン

基本はICスクリーンの61番
乳首だけは、41番を使用

やっぱり乳首は41番じゃないとダメなんですか?

三)「そうですね はい 41番じゃないとダメです」

ちなみに個人的に好きな乳首の色は?

三)「そうですねやっぱ 明るいピンクのアレが好きですけど」
三)「好きな人のアレが黒くても まあ大丈夫です」

--

み)「ちゃんと中心線をとってるんですね。石ノ森章太郎先生の「マンガの描き方」に影響をうけている」

「マンガの描き方」って手塚治虫先生じゃないかな??

マンガの描き方―似顔絵から長編まで (知恵の森文庫)

手塚 治虫 / 光文社


石ノ森章太郎先生のこういう入門書みたいなのもあるのかな??

手塚先生のアシスタントもやっていたので、原点としては同じということかな?

と思ったら...

石ノ森章太郎のマンガ家入門 (秋田文庫)

石ノ森 章太郎 / 秋田書店


こっちのことか。


三峯氏
今後の野望を語る

三)「死ぬまで投稿を続けていきたいっているのと あと1回くらいはマンガを描いて発表したいなというkとですね」

マンガはどういったマンガなんですか?

三)「一応やっぱ エロマンガは描かなきゃいけないかなと」

生涯一エロ絵師 宣言!


最後に、浦嶋さんから「まだまだ三峯徹に対して、単なるハガキ職人という認識しかないですが、そうでなくて、彼がやっていることというのは、ハガキを投稿して掲載させるということで自分を表現しているアートの世界だと僕は思っているんで...」という三峯評があって、タモさんからホントにソウ思ってるの?というツッコミをうけ、もしや、VTRでインタビューを受けていたのは、浦嶋さんなのでは>?という疑惑をもたれつつエンディング。


空耳は、3作品とも手ぬぐいでした。
タモさん手染めの手ぬぐいは残り11枚!


オープニングは、テレビ朝日本社のテラスから...
東京都港区六本木6-9-1


今後の放送予定
2010.10.22 24:20-
「骨格標本を作ろう!」
ゲスト:不明
[PR]

by p-article | 2010-10-16 11:30 | タモリ
<< 「NAVERまとめ」リニューアル! Bing × Facebook... >>