S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
what about?
[WEB2.0]
[net community]
only personal note
anymore?


masaqui[at]gmail.com

グルメ情報

[チミンモラスイ!]
[iddy profile]
[about me]
store of amazon
100SHIKI PR Board

Webスカウター情報 [Web Scouter]
スカウター : チミンモラスイ?

ページランク



ASPアクセス解析

google proxy
mobile view

lou_trans


LINKZ
--

あわせて読みたい

MoKuJi
タグ
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ブロ電™切符

Yahoo! powered by Bing
f0002759_23214975.jpgYahoo!(yahoo.com)が、今週末から検索エンジンを、Bingに切り替えるというアナウンスがあったようです。


米Yahoo!、一般検索でのBing移行の本格スタートとSearchMonkeyの終了を発表」2010.8.18 @ITmedia
 米Yahoo!は8月16日(現地時間)、2009年7月に発表したMicrosoftとの検索提携に基づいて、今週中に米国とカナダの英語版 Yahoo!検索のバックエンドの検索エンジンをMicrosoftのBingに移行すると発表した。同社は7月から米国での移行作業を始めており、全世界での移行が完了するのは2012年初旬になるとしている。

 Yahoo!は同日、サードパーティー開発者やWebパブリッシャーに提供している各種ツールの扱いがこの移行に伴って変わることを説明した。

 まず、Yahoo!での検索結果をカスタマイズできるプラットフォーム「SearchMonkey」の開発者ツールを10月1日に終了する。その結果、サードパーティーのアプリやデータサービスはYahoo!の検索に反映されなくなる。Yahoo!は終了前にアプリのコードをエクスポートするよう呼び掛けている。SearchMonkeyの終了は「Webパブリッシャーやパートナーに新たな検索関連のサービスを提供することに注力するため」としている。

→「Latest on the Yahoo! and Microsoft Search Alliance」2010.8.17 @Yahoo! Search Blog
→「News About Our SearchMonkey Program」2010.8.17 @Yahoo! Search Blog
→「Yahoo! and Microsoft Search Alliance Update for Webmasters」2010.8.17 @Yahoo! Search Blog

【関連記事】
米Yahoo!、米国とカナダの検索エンジンを今週末からBingに移行」2010.8.18 @INTERNET Watch
:



この切り替えにともなって、Yahoo! の検索まわりのサービスについても影響があります。

「SearchMonkey」 10月1日終了
「Yahoo! Search BOSS」 有料化
「Site Explorer」 「Bing Webmaster Center」(MSFT)と統合

このあたりは、新しい枠組みのなかでの進化と解釈してよさそうですね。

エンジンのBingへの変更については、昨年夏に発表されていて..

→「MicrosoftとYahoo!が検索事業で提携、Yahoo!の検索エンジンはBingに」2009.7.30 @INTERNET Watch

先月より一部Bingへの移行も始まっていたようです。

→「BingとBing導入テストのYahoo! Searchの検索結果の違いは?」2010.7.22 @SEM R
→「powered by Bing:Yahoo!、有料検索の25%でMicrosoftのBingを利用」2010.7.22 @ITmedia


日本のYahoo!では、検索エンジンについてGoogleを採用ということが発表されているわけですが、Bingの今後の展開というのは気になるところです。

→「チミンモラスイ? : Yahoo!Japan powered by Google」2010.7.28


Bingについてこんな調査結果も...

→「職場での利用者数比率が最も高いポータルは「MSN/WindowsLive/Bing」」2010.8.18 @CNET

f0002759_0255248.jpg


シェアの違いから、それぞれのサービスでの母数となる絶対すうが異なるわけで、どれくらいの意味があるのかちょっと微妙ですが...
MSNの利用としては、職場での利用者数比率が高いようですね。
このあたりは、IEのシェアにも引っ張られていたりとかあるのかな。
[PR]

by p-article | 2010-08-19 00:05 | 検索エンジン
<< Gmail さらに進化中!? [雑]月波 @鵠沼海岸 >>