S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
what about?
[WEB2.0]
[net community]
only personal note
anymore?


masaqui[at]gmail.com

グルメ情報

[チミンモラスイ!]
[iddy profile]
[about me]
store of amazon
100SHIKI PR Board

Webスカウター情報 [Web Scouter]
スカウター : チミンモラスイ?

ページランク



ASPアクセス解析

google proxy
mobile view

lou_trans


LINKZ
--

あわせて読みたい

MoKuJi
タグ
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ブロ電™切符

Yahoo!Japan powered by Google
f0002759_224457.jpgYahoo!Japanが検索エンジンをGoogleからの供給に切り替えるとのこと。


Yahoo! JAPAN、Googleの検索エンジンと検索連動型広告の採用を発表」2010.7.27 @INTERNET Watch
 株式会社ヤフーは27日、「Yahoo! JAPAN」に米Googleの検索エンジンと検索連動型広告配信システムを採用すると発表した。切り替え時期については現時点では未定で、今後詳細を協議の上、決定するとしている。

 ヤフーでは、米Yahoo!がMicrosoftから検索エンジンと検索連動型広告の提供を受けることを2009年7月に決定したが、日本のヤフーでは他の検索エンジンと検索連動型広告も検討すべきと考え、代替案との比較を行った結果、Googleが現時点ではベストであるとの結論に至ったため、Googleからの提供を受けることを決定したと説明している。

→「Yahoo! JAPAN - プレスリリース
→「Googleの検索エンジンおよび検索連動型広告システムの採用」2010.7.27 @Yahoo!検索 スタッフブログ
→「プレスセンター」@グーグル


【関連記事】
「Yahoo! JAPANがGoogle検索エンジンを採用」の報道」2010.7.27 @ITmedia
Yahoo!JAPAN、Googleの検索エンジンと広告配信システムを採用 正式発表」2010.7.27 @Tmedia
Yahoo! JAPANの検索エンジンがグーグルに--検索連動型広告も導入」2010.7.27 @CNET
ヤフーとグーグルが提携、アルゴリズム検索技術にGoogleを採用」2010.7.27 @ASCII.jp
ヤフーとグーグルが提携、アルゴリズム検索技術にGoogleを採用」2010.7.27 @SEM R
:



ヤフーのプレスリリースより..
f0002759_23125977.jpg


検索エンジンの提携の範囲としてFAQに以下のようにあります。

Q1: Googleとの提携範囲はどこなのか?
A1: 今回の契約の対象は、ウェブ、画像、動画、モバイルの4領域における、検索エンジンおよび検索連動型広告配信システムのサービス提供を受けることに限定されています。


さきほど、ワールドビジネスサテライトでニュースとしてとりあげているのをみていたのですが(笑)、GoogleがY!にエンジンを提供することで利用料を徴収し、Y!は自前のコンテンツ(オークション、ショッピング、知恵袋など)の情報を提供することで、利用料を徴収するというバーターのようですが、レートのバランスとしてはどうなんですかね?
(検索連動型広告配信の提供によって、エンジン提供にあまりあるメリットがGoogleにあるのかもしれないですが...
でも、広告配信もエンジンの提供だけで、アドネットワークとしては、ヤフーとGoogleは別のものになるようなので、やっぱりエンジン提供の利用料の方が圧倒的に大きいんですかね。)


今回の提携について、27日の午前中にTechWaveにWSJからのリーク記事についてのエントリーがあがっていて、その時点では、その時点では全然信じてなかったのですが(笑)

→「Yahoo!JapanがGoogleの検索エンジン採用を本日発表?=米Wall Street Journal【湯川】」2010.7.27 @TechWave

夕方には、続報があがっておりました。

→「ヤフー株式会社がGoogleとの提携を正式発表【湯川】」2010.7.27 @TechWave

さらに、以下のような解説の記事もあがっております。

→「【ヤフー、Google提携解説】検索の時代が終わった、それだけのこと【湯川】」2010.7.27 @TechWave

で、このなかで、もともとYahoo!JAPANでは、Googleのエンジンを利用していたのだけど、サーチエコノミーの支配という観点から自前での開発に転換という話がでてきますが、このあたりをちょっとおさらい。

Yahooが検索エンジンを自社開発した理由」2004.5.24 @CNET
Yahoo! JAPANがGoogleからYSTへの検索エンジン切り換えを実施」2004.5.31 @CNET

Yahoo!JAPAN、独自検索技術 YST に切り替え」2004.5.31 @SEM R


ここでちょっとだけ留意しておいたほうがいいかなということとして、この当時では、まだディレクトリーを重視した検索サービスになっていて、ロボットをメインにしたのは、YST採用から1年以上経過した後となっております。

→「ヤフーの検索結果ページが10月から「Yahoo! SEARCH」に変更」2005.8.25 @CNET

エンジンの切り替えという選択が、2004年と2010年ではだいぶ意味合いがことなっているのではないかとも思います。

2006年には、こんな記事もありました。

→「自社検索エンジン「YST」の導入がヤフーにもたらした影響とは」2006.6.14 @CNET

そのYSTについてですが、井上社長の会見のなかでも、ヤフージャパンではエンジンの開発はこれまでも行ったことはないという話がありました。

こちらのブログにも以下のように書かれております。

→「[を] Yahoo! JAPAN のウェブ検索と検索連動広告配信システムが Google に変更になります」2010.7.27 @たつをのChangeLog
ネット見てると誤解が多いみたいだけど、YST は Y!J の自社開発でもないし、国産日の丸ウェブ検索エンジンでもありません。Y!J から見れば YST も Google も社外リソースです。いかに日本向けにカスタマイズするかが肝なわけで。


開発というのをどのようなところまでを言うのかにもよりますが、日本版YSTは、USと日本のエンジニアで共同開発にあたってたんじゃなかったでしたっけ?


あと、今回の発表ではとくに触れられておりませんが、SERPでのゾーニングとしての独自情報の掲出とは別にフロントエンジンによるGoogleの検索結果のフィルタリングや独自の日本語処理技術による揺らぎの吸収や自然文による検索といったことへの対応というのはどうなんでしょう。
(gooでは、自前のフロントエンジンを組み込んでますよね?)

このあたりで、検索サービス(検索ポータル)としての独自性というのはでてくるのではないかと思います。

Yahoo!JAPANとGoolgeの提携での影響について、CNETのオンラインパネルディスカッションに、有識者の方々の見解が寄せられております。

→「ヤフーとグーグル提携で検索業界はどうなる?」2010.7.27 @CNET

上原さんが指摘しているように、確かにほとんどのユーザーにはあまり関係のないことなのかもしれませんが、ネットのダイナミズムには中長期的には影響があるように感じます。
また、湯川さんが、TechWaveで指摘しているように、検索中心の時代が終わったということなのかもしれませんが、それでも検索を基点としたコンテンツへのリーチということが根本的にかわったわけではないのではないかとも思います。
そういった意味では、特定のアルゴリズムによるコンテンツへのリーチが支配する状況ということの影響というのは、やはり向き合うべき課題があるのではないでしょうか。

それと、もうひとつ...

Asiajinに以下のような指摘がありましたが、

→「Is Yahoo! Japan Switching To Google Search?」2010.7.27 @Asiajin
Until more info arrives, here we Asiajin add some related info ATD missed here.

If Google (GOOG) and Yahoo Japan join together, the pair will control almost the entire market share of search in the Japanese market.

On PC, it is true. However, on mobile search the No.1 cellphone carrier NTT Docomo, boasts 50% market-share, recently switched their mobile search engine from Google Mobile Search to Goo Mobile Search in May. Goo is a long running Japanese original search engine run by another NTT group company.

As mobile web is fairly big and better paved for money leviers in Japan, it is not ignorable.


たしかに、PCのウェブ検索では、Googleエンジンの寡占となるわけですが、5月にドコモの検索エンジンがgooのものに変更になっていて(一瞬、Googleにもどってましたがw)、そういった意味ではモバイルの世界では、Googleの市場独占という状態ではありません。
モバイルでの検索というのは今後ますます拡大すると考えられますので、このあたりも注目すべきかもしれません。


それにしても、気になるのは、つい先日、日本版のBingが正式にスタートというアナウンスがあったばかりですが、ヤフージャパンでもBingへの切り替えを行うということが、広報担当者からの弁としてでていましたよね。

→「日本のヤフーも「Bing」採用へ 米Yahoo!とMSの検索提携で」2009.7.30 @ITmedia
 Yahoo!JAPANの検索エンジンは現在、米Yahoo!が開発した「Yahoo! Search Technology」(YST)だが、「米Yahoo!がBingに切り替えた後、日本市場向けにも良いエンジンだと判断すれば、 Yahoo!JAPANにもBingを搭載していく可能性が高い」(ヤフーの広報担当者)という。

よくよく、見返してみると、評価してきめるということだったんですね。

そこらへんについて、ITmediaで触れてありました。

→「「Bingも無視していたわけではないが」――井上社長が語る、ヤフーがGoogleを選んだ理由」2010.7.27 @ITmedia

実際、これまでの検索インデックスの蓄積とか考えるとGoogleが圧倒的に有利なんでしょうね。


ところで、なにげに影響をうけるのはこのひとたちかもしれませんね。

笑魂シリーズ ナイツ 「ナイツのヤホーで調べました」 [DVD]

ビクターエンタテインメント



でも、ヤフーの検索(サービスとしての)が変わるわけではないので関係ないか(笑)

ヤホーは健在ということで、オケ??
[PR]

by p-article | 2010-07-28 00:59 | 検索エンジン
<< "てぃえば"... "amazon.co... >>