S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
what about?
[WEB2.0]
[net community]
only personal note
anymore?


masaqui[at]gmail.com

グルメ情報

[チミンモラスイ!]
[iddy profile]
[about me]
store of amazon
100SHIKI PR Board

Webスカウター情報 [Web Scouter]
スカウター : チミンモラスイ?

ページランク



ASPアクセス解析

google proxy
mobile view

lou_trans


LINKZ
--

あわせて読みたい

MoKuJi
タグ
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ブロ電™切符

パーソナライズド・ブログ・ポータル
最近、複数のブログを持っているブロガーの方が珍しくなくなってきました。

昨年総務省が発表した「ブログ・SNSの現状分析及び将来予測」(pdf)でも、平均で一人二つのブログを開設という調査もあります。

また、goo+japan.internet.com の定例調査でも
複数ブログをかけ持つユーザー割合は41.1%、gooリサーチの調査
のような記事がでていたりします。

この辺の調査結果では、使い分けているというより、各サービスを試してみているというような段階だとも思いますが、無料サービスが基本となっている特徴的な現象だと思います。

そんななか、最近ブログを使い分けている人をみかけるようになったなーというのが、本エントリーのテーマなわけです。
:



その使い分けのパターンとしては、

□テーマ別の使い分け

□依頼原稿寄稿による散在

□乗り換えによる中継

のような感じでしょうか。

最後の乗り換えによる中継については、ブログの引越しツールのようなソリューションが求めれるわけですが、現状ブログの無料サービスでは、機能的な制約とともに容量としての制約があり無料で利用するために、別のサービスに引っ越すような場合もあると思います。
#余談になりますが、有償サービスへのコンバージョンをはかるうえでも時限的制約(Mixiのメッセージログのような)をもったほうがいいんじゃない?ということを某シックスアパートの方と雑談をしているときに話したことがあります。

そこで、例によって長い前置きになりましたが、タイトルの「パーソナライズド・ブログ・ポータル」なのですが、今後ブログがさらに一般化して、マイメディアとしてのログが蓄積していった場合に、自分のブログを集約するポータルを上位のレイヤーとしてもてるサービスが考えられないだろうかということです。(要はマイブログのアグリゲーション)

各ポータル等で提供されているブログのトップページのような感じで、自由に各ブログのチャンネルを登録・配置できるようなものをイメージしていただければと思います。

機能的には、Googleの「パーソナライズド・ホームページ」なのですが、カスタマイズ(パーソナライズ)したページについて、URLを発行できるというのがミソです。

求められる機能としては、
ブログの登録はもちろんそうですが、自分が登録という行為をおこなっている各種のサイトも同様にあつかえること。
eg) Flickrのような写真登録、del.icio.us や はてぶ のようなSBM、coComentのような外部コメント などなど

また、RSSリーダの公開があってもいいかもしれません、それによりニュースサイトやチェックしているブログの最新記事の見出しも表示ができます。

欲をいえば、個別のRSSフィードをひとつにまとめられたりするといいですね。

当然、ビジネスモデルは?という話がでてくるわけですが(笑)、ある意味ポータルサイトのロングテール化なので、広告モデルも適用できると思いますし、ニーズがあるようであればアドバンスとしてのユーザー課金も可能?などと考えてみたり(笑)。
ほかにもなにかしら金脈は眠っているのでは?と毎度の楽観的な見方なのですけど。

ある程度、顕在化しているニーズではないかと思うので、既に同様なサービスが提供されているのかもしれません。もし、ご存知の方がいらっしゃったら、コメントなどでアドバイスいただければ幸いです。

ツールとしては、[ubicast Blogger]というのがあるようですけど、ちょっと違いますよね。
[PR]

by p-article | 2006-03-22 10:26 | コミュニティ
<< 2.0時代のテクノロジー・トレ... Tendango! >>