S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
what about?
[WEB2.0]
[net community]
only personal note
anymore?


masaqui[at]gmail.com

グルメ情報

[チミンモラスイ!]
[iddy profile]
[about me]
store of amazon
100SHIKI PR Board

Webスカウター情報 [Web Scouter]
スカウター : チミンモラスイ?

ページランク



ASPアクセス解析

google proxy
mobile view

lou_trans


LINKZ
--

あわせて読みたい

MoKuJi
タグ
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ブロ電™切符

「検索の未来」 @Google
f0002759_22202199.gifGoogleの定例(?)の記者会見で、検索の未来像に関するビジョンが語られたそうです。


将来はニオイや記憶で検索も? グーグルが目指す「検索の未来」」2010.4.6 @INTERNET Watch
 グーグルは6日、都内で記者会見を開き、現在は英語版のみで提供しているAndroid搭載携帯電話向けの新検索サービスを紹介。カメラで撮影した対象物の情報を検索する「Google ゴーグル」、画面に指で文字を描くことで携帯電話内の電話帳やブックマーク、楽曲などを検索する「Google ジェスチャー」などを披露した。

→「未来の検索は「いつでも」「どこでも」「どんなことも」!?」2010.4.6 @Google Japan Blog

【関連記事】
GoogleのAndroidアプリに“未来の検索”の一端を見る」2010.4.6 @ITmedia
グーグルが試験提供中の「ジェスチャー検索」って?」2010.4.6 @日経トレンディネット
:



会見では、「Googleゴーグル」、「Googleジェスチャー」「Local Product Search」についての紹介があったようですが、日本語化や日本での展開は未定とのこと。

グーグルが2009年にリリースした検索関連の機能追加は550にものぼるそうですが、昨年あたりから、なんだか何かにとり憑きかれたようにサービスラッシュが続いてますね(笑)

この半年での検索のアプローチとして以下のようなものがあるそうです。

最近6ヶ月に改良・追加された機能

・スター機能
・リアルタイム検索(PC・モバイル)
・Googleサジェスト(PC・モバイル)
・検索ツール
-キーワードを翻訳して検索
-閲覧したページ
-プレビュー表示
-タイムライン
-書籍、ニュース、ブログ
・リッチスニペット
-レビュー
-イベント
・地震情報(PC・モバイル)
・運行情報(PC・モバイル)
・株価検索
・iGoogleリニューアル
・クイックビュー
・画像検索
-他のキーワード
-プレビューページ
-検索ツール
・周辺情報(モバイル)
・ローカル検索(モバイル)


Googleでは、"未来の検索"に向けて...

1)ユーザーの検索対象を理解する
2)ユーザーが求める検索結果を提供する

の2点を意識しているんだそうです。

公式ブログでは、「検索の今、未来に関する調査」の結果についても発表されております。

「便利だと思う検索方法」
f0002759_012694.jpg

「検索エンジンがしてくれるようになったら使いたいと思う機能」
f0002759_0123929.jpg



また、今年のエイプリルフールのネタとして "Google 日本語入力キーボード「ドラムセットバージョン」"という、かなり気合のはいったプロトタイプの提示がありました(笑)

Google日本語入力チームからの新しいご提案」2010.4.1 @Google Japan Blog
Google 日本語入力キーボード ドラムセットバージョン

f0002759_0201980.jpg

すべての JIS 第一水準文字すべてのキーを配列したキーボードということで、約3000文字?のキーを作ったのかしら。

これみてふと思いだしたのですが、祖父の家に和文タイプライターというのがあって、活字のしきつめられたプレートから文字を選んでタイプするよな機構でした。
(なんで、こんなものが家にあったのかは不明だけどw)

→「和文タイプライター 日本語タイプライター

このページの一番最後に紹介されているシルバー精工のものじゃないかな?

文字の入力(タイプライターの場合は打ち込むだけなので、入力しているわけではないですが…)も、進化したものですね。
この当時の発想から文字入力のイノベーションにいたってなかったら、携帯電話とかスマートフォンとかすごいことになってますね(笑)
[PR]

by p-article | 2010-04-07 00:32 | 検索エンジン
<< "Ad Innova... "はてなモノリス&q... >>