S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
what about?
[WEB2.0]
[net community]
only personal note
anymore?


masaqui[at]gmail.com

グルメ情報

[チミンモラスイ!]
[iddy profile]
[about me]
store of amazon
100SHIKI PR Board

Webスカウター情報 [Web Scouter]
スカウター : チミンモラスイ?

ページランク



ASPアクセス解析

google proxy
mobile view

lou_trans


LINKZ
--

あわせて読みたい

MoKuJi
タグ
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ブロ電™切符

"Google ブックス" by Google
f0002759_041417.gifGoogleのウェブ検索サービスに書籍検索が追加されております。


グーグル、ウェブ検索サービスに書籍検索を追加」2010.3.17 @CNET
 グーグルは3月16日、「Google ブックス」の書籍検索機能を、ウェブ検索サービスの検索ツールからも利用できるようにした。

 検索結果画面の「検索ツールを開く」から、「書籍」を選択すると、検索ワードを含む書籍を一覧でき、それぞれの書籍について検索ワードに一致した部分の内容が表示される。検索結果をクリックすると、そのページのスキャン画像を見られる。デフォルトではスキャン画像を表示できる書籍のみが検索対象になる。

→「Google のウェブ検索に書籍検索機能を統合しました」2010.3.16 @Google Japan Blog

【関連記事】
グーグル、ウェブ検索で書籍の検索・閲覧が可能に」2010.3.17 @RBB TODAY
:



f0002759_0252339.jpg

Googleおなじみの、シンプルインターフェースは顕在。

f0002759_0272917.jpgf0002759_0291612.jpg


先週、IDEA*IDEAでも、Googleブックスについてふれたエントリがあがっておりましったね。

→「あれ、Googleブックス、便利すぎじゃない?!」2010.3.8 @IDEA*IDEA ~ 百式管理人のライフハックブログ


Google ブック検索については、まだいろいろと課題が残っているようではありますが...

→「「Google Books」和解案をめぐる審理開始--早期判決はないと判事が明言」2010.2.19 @CNET

試行錯誤のもと、サービスのリファインをおこなっているようです。

→「Google ブック検索和解契約
Google ブック検索のこれから
著者および出版社との画期的な契約

Authors Guild、米国出版社協会 (Association of American Publishers)、および一部の著者と出版社は、3 年前に Google ブック検索に対する集団訴訟を起こしました。

本日、この訴訟が和解したことをお知らせいたします。今後 Google は、原告であった出版業界のパートナーの方々と協力して、世界中からより多くの書籍を検索可能にし、このサービスを充実させていきます。和解によって可能になった出版業界と Google の協力によって、それぞれが個別に活動するよりはるかに充実したサービスを提供し、著者、出版社、研究者、および読者の方々に今後さまざまな機能や利益をご提供できるものと確信しています。

和解契約が裁判所で最終的に承認され成立するまで、しばらく時間がかかる見込みです。さしあたり、和解によって間もなく米国でご提供できる新しいブック検索の一部を参考までにご紹介します。(この和解契約は米国における訴訟の解決となるもので、和解契約によって可能になる新しい機能が利用できるのは、米国内でブック検索にアクセスするユーザーのみです。日本で提供されるブック検索の機能はこれまでと全く同じでなんら変更はありません。)


Googleのミッションステートメントとして、以下のようなメッセージが掲げられておりますが...

→「会社情報 - 会社情報
Google の使命は、世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスできて使えるようにすることです。

オフラインに存在するコストや手間(これも広義にはコストだけど)をかけることで到達可能な膨大な情報や知識に、ネットをつうじてアクセス可能になることで、生活者の便益は飛躍的に向上することになります。

全てが無料になることが、正解ではないとは思いますが、著作権者や事業者の権益を守りながら、利用者の便益につながるようなアプローチに期待したいところです。
[PR]

by p-article | 2010-03-18 00:52 | 検索エンジン
<< "ドコモマーケット&... [雑]みやだい倶楽部 @川崎 >>