S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
what about?
[WEB2.0]
[net community]
only personal note
anymore?


masaqui[at]gmail.com

グルメ情報

[チミンモラスイ!]
[iddy profile]
[about me]
store of amazon
100SHIKI PR Board

Webスカウター情報 [Web Scouter]
スカウター : チミンモラスイ?

ページランク



ASPアクセス解析

google proxy
mobile view

lou_trans


LINKZ
--

あわせて読みたい

MoKuJi
タグ
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ブロ電™切符

ROOFSHOUT
先週の「百式」で紹介されていたサービス。

新サービスと広告

各社の地図サービスが充実してきた。

昔は「おー!」と思っていた衛星写真もいまや普通に実現されている。衛星写真で観光地をめぐるブログ、なんてのもできているぐらいだ。

そうした流れを受けてあたらしい広告手法が現れたようだ。

RoofShoutでは衛星写真にうつるように建物の屋上に広告を描きましょう、という提案をしている。

普段見ることはできないが、衛星写真を使った地図検索をしていると現れる、というわけだ。なかなかクリエイティブである。

新しいサービスのまわりに広告のチャンスあり。他にどんなクリエイティブな広告手法が考えられますかね。


ROOFSHOUT
:



発想としては、スタジアムのバッターボックスの後のフェンスはTV中継で映るから広告効果があるよというのと同じなのだと思いますが…

かたやライブ中継で映るのに対して、ここでの露出は航空写真や衛星写真の整備のタイミングに依存してしまうということで効果の程は??であります。

こういった写真をつかった地図サイトを意識して、屋上をつかった表現をしようというムーブメントは他にもあったのですが、エージェントにお金を払うという発想はあまりないのでは??

cf) 「屋根を広告スペースに――地図検索サービス目当ての新企画」2006.2.6

どちらかというと、↓こちらの
[MAPSHOUT]
投稿コーナーがメイン?
→[sample]

"SHOUT"というブランディングは好きです。

【追加ニュースソース】
『Google Earth』で広告露出?」2006.3.29
[PR]

by p-article | 2006-03-17 10:45 | その他
<< 新生Netscape? はてなリニューアル >>