S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
what about?
[WEB2.0]
[net community]
only personal note
anymore?


masaqui[at]gmail.com

グルメ情報

[チミンモラスイ!]
[iddy profile]
[about me]
store of amazon
100SHIKI PR Board

Webスカウター情報 [Web Scouter]
スカウター : チミンモラスイ?

ページランク



ASPアクセス解析

google proxy
mobile view

lou_trans


LINKZ
--

あわせて読みたい

MoKuJi
タグ
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ブロ電™切符

"行動ナビ" by goo
f0002759_12564761.gifgooがPCウェブ検索に「行動ナビ」を実装とのこと。


gooがウェブ検索に「行動ナビ」採用、目的に応じた検索が容易に」2009.12.18 @INTERNET Watch
 NTTレゾナント株式会社は18日、ポータルサイト「goo」の「ウェブ検索」の機能強化を実施した。検索キーワードから想定される動詞を検索結果ページに表示して、ユーザーの行動に応じた検索結果に誘導する「行動ナビ機能」などを追加した。

 行動ナビ機能は、約30万語で構成される検索キーワードの辞書をもとに、ユーザーが入力したキーワードに関係する動詞を検索結果ページで提示する。例えば、地名で検索すると、検索結果の左ペインに「検索ガイド」として、「行きたい」「知りたい」などの動詞を提示。ユーザーはこれらの動詞を選ぶことで、目的に合わせた検索を行える。

→「「goo」で、PC版ウェブ検索機能強化を実施 - プレスリリース - gooヘルプ
:



プレスリリースより
1.「goo ウェブ検索」機能強化について
・「行動ナビ」機能を新たに提供開始
 NTTサイバーコミュニケーション総合研究所の協力を得て作成した約30万語から構成される検索キーワードの辞書(知識データベース)をもとに、入力されたキーワードに関係する「動詞」を提示します。「田町」というキーワードに対し、「行きたい」「知りたい」「食べたい」といった動詞を表示することで、ユーザの目的にあった検索結果へ導きます。
f0002759_1325520.gif

・ダイレクト機能を追加
 ユーザが欲しい情報をいち早く検索結果に表示する「ダイレクト機能」について、新たに「地図」「路線」を実装します。
◆地図を見たい住所・地域名を入力するか、「(地域名) 地図」を検索ボックスに入力することで、その地域の周辺地図が検索結果上部に表示されます。さらに詳細な地図を確認する際は地図をクリックすることで「goo地図」上で閲覧可能です。
◆「駅名 駅名」と入力することで2つの駅間の代表的な経路情報・乗車時間・運賃などが検索結果上部に表示されます。また、「駅名 駅名 終電」と入力することで2つの駅間の最終電車での経路情報を検索することも可能です。

<「ダイレクト機能」画面イメージ>
f0002759_13253068.jpg

「行動ナビ」は、10月には、モバイル版に実装されておりますが、今回PC版の検索にも実装ということのようです。

→「NTTレゾナントが『モバイルgoo検索』を刷新、新検索エンジンや「行動ナビ」」2009.11.2 @マイコミジャーナル


そして、22日には、PC版およびモバイル版で、「gooID」を利用した連携機能というのも開始されております。

goo、地図や天気、路線サービスでPC/モバイル版連携を開始」2009.12.22 @INTERNET Watch
 NTTレゾナントは22日、ポータルサイト「goo」で提供する「goo地図」と「goo天気」「goo路線」のPC版およびモバイル版で、「gooID」を利用した連携機能を開始した。「gooID」の取得は無料。

 「gooID」との連携機能によって、「goo地図」「goo天気」「goo路線」の3サービスで、マイページの開設が可能になった。マイページでは、 PCで調べた乗り換え案内や地図といった情報を、外出先の携帯電話から再検索することなく閲覧できるなど利用履歴の一元管理が可能。また、「よく行く地域(駅・地域情報)」や「自宅」の地域情報も登録できる。

→「「goo地図」「goo天気」「goo路線」の PC版・モバイル版にて、「goo ID」連携を開始 - プレスリリース - gooヘルプ

f0002759_1359854.gif


端末の特性として、PCとモバイルのそれぞれの特性があることを考えても、こういった連携によって、それぞれの端末が補完関係となることで、より適切な情報を提供することにつながるのではないかと思います。

また、パーソナライズという軸とは別に、個別のユーザーのクラスターにおける履歴の把握が全体での情報提供の最適化にもつながっていくことにも期待されます。

PC、モバイルに関わらず、ユーザーIDの利活用というのが、今後のサービスの肝となるというのは、これまで何度か書いておりますが、IDとしては、個の端末として確実に普及しているモバイルのID(端末固有のUIDというより、利用者の契約に付帯する電話番号やキャリアのメールアドレス)を、PC側でスマートに活用できることで、どういった便益をユーザーが体験できるかというのが課題でしょうか。


なんだかんだ位置情報というのも、情報配信の鍵となりそうであると感じておりますが、3月に発表されているドコモの「次ナビ」のようなサービスの動向というのも気になるところです。

ドコモ、位置情報と連動した情報配信ASP「次ナビ」」2009.3.30 @ケータイWatch
報道発表資料 : 位置情報を活用したターゲティング情報配信ASPサービス「次ナビ」を提供開始 | お知らせ | NTTドコモ


なにげに、NTTグループでの、ドコモ、レゾナント、あとBJあたりの連携というのが、ポテンシャルを感じるところでもあるのですが、竹中総務大臣時代に2010年にグループ再編の見直しというのがありましたよね?

→「竹中総務相 NTTに完敗」2006.6.26 @J-CASTニュース

このあたりは、連携の強化というのはあまり期待できないような方向でもありますが、資本分離が実現されたとしても、そのあたりを契機に、別の次元の結合を強めることになるのかもとか…
[PR]

by p-article | 2009-12-23 14:01 | 検索エンジン
<< [雑]豊前海一粒かき 再び! [雑]キャベツ畑 @大船 >>