S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
what about?
[WEB2.0]
[net community]
only personal note
anymore?


masaqui[at]gmail.com

グルメ情報

[チミンモラスイ!]
[iddy profile]
[about me]
store of amazon
100SHIKI PR Board

Webスカウター情報 [Web Scouter]
スカウター : チミンモラスイ?

ページランク



ASPアクセス解析

google proxy
mobile view

lou_trans


LINKZ
--

あわせて読みたい

MoKuJi
タグ
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ブロ電™切符

Googleの入力支援
f0002759_2341397.gifGoogleから、「Google日本語入力」に続いて、「Google音声検索」がローンチされております。


「Google音声検索」日本語版開始、iPhoneとAndroidから利用可能」2009.12.7 @INTERNET Watch
 グーグルは7日、携帯電話から音声入力でGoogle検索が行える「Google音声検索」を開始した。対応機種はiPhoneおよび Android搭載携帯で、iPhoneではApp Storeから「Google Mobile App」、AndroidではAndroidマーケットから「Google音声検索」のアプリをダウンロードすることで利用できる。

 Google音声検索は、AndroidやiPhoneの専用アプリにより、音声入力による検索が行えるサービス。Webページの検索以外にも、地図やお店の情報、乗り換え案内などの検索も行える。また、GPS機能も利用することで、たとえば渋谷駅付近で「映画館」を検索すると、渋谷駅周辺の映画館リストが表示されるなど、ユーザーの現在位置に合わせた検索結果を表示する。

→「音声で Google 検索」2009.12.7 @Google Japan Blog

Google日本語入力は「グーグルでないと作れないソフト」」2009.12.7 @INTERNET Watch
 グーグルは7日、12月3日に公開した日本語入力ソフト「Google日本語入力」ベータ版についての説明会を開催した。

 「Google日本語入力」は、グーグルが新たに開発したWindowsおよびMac OS X用の日本語入力ソフト。Webページのデータから辞書を自動生成し、辞書と入力履歴により入力途中の文字から候補を表示する「サジェスト」機能を備えるなど、Googleの持つ言語処理技術を注ぎ込んだソフトとなっている。

→「思いどおりの日本語入力 - Google 日本語入力」2009.12.3 @Google Japan Blog

【関連記事】
グーグル、日本語音声検索機能を公開--iPhoneとAndroid端末で利用可能に」2009.12.7 @CNET
「Google日本語入力」開発者が語る、その狙い」2009.12.7 @ITmedia

グーグル、日本語入力ソフトのベータ版を公開」2009.12.3 @CNET
Googleが日本語入力システム参入 β版無料公開」2009.12.3 @ITmedia
グーグル、日本語入力ソフト「Google日本語入力」を公開」2009.12.3 @INTERNET Watch
Google日本語入力が描くIMEの未来像とは?」2009.12.3 @ASCII.jp
「Google 日本語入力」はATOKやMS-IMEを超えることはできるのか、実際に使って実用に堪えるかどうか試してみた」2009.12.3 @GIGAZINE
:



f0002759_06454.jpg→「Google モバイル - 音声検索

Android および iPhone 向けのアプリとして、それそれ、AndroidMarket、AppStoreにてダウンロード可能となっているようです。

f0002759_07526.jpg
→「Google 日本語入力 - ダウンロード


なにげに、両方ともまだ試してなかったりしますが…PCとモバイル向けにそれぞれ入力支援のためのアプローチであるということが興味深いところです。

検索というのが、ネットでの情報探索のプロセスの起点として支配的なポジションとなっていることは間違いないと思いますが、入力をしないことには始まらないという面もあり、そこに対するアプローチというのは各サービスで、この数年いろいろと模索しているといった印象があります。
検索キーワードランキングや、キーワード候補の提供などプッシュ型のサービスに対して、今回のGoogleのアプローチは、起点となる検索の動機の瞬間からクエリーの生成の部分のアシストを行うことにつながりそうです。
(「Google日本語入力」は、検索クエリの生成に限りませんが…)

さらに、こんな話題も...

グーグル、米国内の商店にQRコード付き店頭用ステッカーを配布」2009.12.7 @CNET
 Googleはローカル広告市場に正面から目を向け、米国内の商店などの店頭で自社のローカルビジネスリスティングを推し進める計画だ。

 Googleの「Local Business Center」データベースに登録されている中で特に人気の高い店10万店に、GoogleのロゴとQRコードが印刷されたステッカーが配布された。今週から、コンシューマーは新しい携帯電話に搭載されたコード読み取りアプリケーションを使用して、対象のレストラン、商店、クリーニング店などのGoogleのリスティングを見ることが可能になる。ステッカーは参加店の店舗のウィンドウに目立つように貼られるだろう。同様のブランド化したサービスを提供するYelpなどの企業に対する威嚇射撃となる。

こちらは、ダイナミックなクエリの生成に対して、静的な検索支援といえるのかもしれません。
いまひとつ、ピンとこないところもあるのですが、Local Business Centerに登録している情報にランディングさせるのかな?

→「Google Mapsの“全地点”に、まとめページ「Place Pages」設置へ」2009.9.25 @INTERNET Watch

このあたりとの絡みもあるのかな...
[PR]

by p-article | 2009-12-08 01:04 | 検索エンジン
<< "Google Go... [雑][閉店]カントリーキッチ... >>