S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
what about?
[WEB2.0]
[net community]
only personal note
anymore?


masaqui[at]gmail.com

グルメ情報

[チミンモラスイ!]
[iddy profile]
[about me]
store of amazon
100SHIKI PR Board

Webスカウター情報 [Web Scouter]
スカウター : チミンモラスイ?

ページランク



ASPアクセス解析

google proxy
mobile view

lou_trans


LINKZ
--

あわせて読みたい

MoKuJi
タグ
検索
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ブロ電™切符

グルメ雑誌・書籍+iPhone="食べレコ"
f0002759_0543259.gif株式会社ハンズエイドからiPhone向けのグルメ情報コンテンツのビューワーが発表されております。


iPhoneアプリで出版社のグルメコンテンツを閲覧--「食べレコ」今秋提供2009.10.15 @CNET
ハンズエイドは10月15日、出版社のコンテンツを二次利用し、iPhoneで雑誌や書籍のグルメ特集を購入したり、飲食店を探索したりできるアプリ「食べレコ」を今秋より提供する。

食べレコは、雑誌や書籍の誌面をPDFや画像などで配信するのではなく、iPhone用に編集されたデジタルコンテンツとして配信する点が特徴。誌面コンテンツをデジタルデバイス画面用に編集する独自のCMS「食べレコマネージャー」を用いている。

→「iPhone 用に最適化された出版社のグルメコンテンツを購入し、 店舗探索できるiPhone アプリ「食べレコ」今秋発売開始 | 株式会社ハンズエイド

【関連記事】
グルメ記事をiPhone画面に最適化して配信するアプリ「食べレコ」」2009.10.15 @BB Watch
:



プレスリリースより
【1. 食べレコの特徴 】
------------------------------------------------------------------------
▼ iPhone用に編集されたデジタルコンテンツの配信
食べレコは雑誌や書籍の紙面をPDFや画像などで配信するのではなく、iPhoneの画面に適した編集を施した上で、ユーザーにサービスを提供します。

既存の「電子配信 / デジタルパブリッシング」コンテンツはPDFや画像方式にてデジタルデバイスで閲覧する形態が主流です。しかしながら、紙面のコンテンツをそのままデジタルデバイス上で閲覧するにはどうしても操作性が落ちてしまいます。食べレコは紙面コンテンツを容易にデジタルデバイス画面用に編集するCMS「食べレコマネージャー」によってデバイスに適した編集を施し、ユーザーが違和感を感じることなく、グルメコンテンツを楽しんでいただける内容となっています。

▼ デジタルの特徴を活かした利便性の提供
食べレコはコンテンツのデジタル化にともない画面の最適化と同時に、店舗情報を全てデータベース化しています。デジタル化されたデータを用いて現在地から近い距離順の店舗一覧や、特定の店舗への電話、ウェブ閲覧、連絡先への追加などが1ボタンで実行できます。

▼ 出版社のメリット
出版社が電子雑誌・書籍を販売するために必要となる、「コンテンツの編集」「決済」などはハンズエイドがすべて管理し、提供します。

f0002759_0562027.jpg

f0002759_057243.jpg


まだ、Appleに申請中なのかな?サービスのローンチは、まだのようです。メールアドレスを登録しておくと、サービス開始時にアナウンスが入るみたいです。

→「食べレコ | グルメ雑誌・書籍+iPhone=食べレコ

(僕は、iPhoneユーザーではないので利用できないんだけどww)

最近の時流なのかとは思いますが(笑)、Twitterのアカウントもあるみたいです。
(なんか、即効フォローされて気がつきましたw)

→「食べレコ (tabereco) on Twitter

グルメ情報って、やっぱり絵(写真)の訴求力というのが強いと思うのですが、そういった意味でもiPhoneのような比較的画面領域が大きくて解像度が高く、リッチな表現力をもった端末との親和性が非常に高いのではないかと思います。
また、ブラウジングにおいても、もともとの紙媒体がもつ閲覧性ということを生かすうえでもアプリでの提供というのは利便性というところでも有利なのではないでしょうか。
(ブラウザにはブラウザのメリットがありますが)


こういう地域コンテンツの専用アプリという考え方はありそうだなーと思います。将来的には、iTMSのようなコンテンツを配信するプラットフォームとして、地域コンテンツのPOIデータセットの流通プラットフォームということも視野にはいってくるかもしれません。
音楽やビデオのようにデータそのものの価値というのが、こういった情報単位ではちょっと異なるということもあるので、ユーザー側にどう受け入れられるのかというのが、非常に興味深いところではあります。

【追記】
10月15日のプレスリリースでは、コンテンツビューワーとしての「食べレコアプリ」は115 円となっておりましたが、Appleのアプリ内課金の無料アプリへの対応という変更を受けて、アプリを無料で配布することになったようです。

→「【リリース訂正】 今秋発売予定iPhoneアプリ「食べレコ」 アプリ価格変更(無料化)のお知らせ | 株式会社ハンズエイド
▼旧
アプリの価格 : 食べレコアプリは115円
各特集価格 : 無料~450円程度(販売価格は特集により異なる)

▼訂正後
アプリの価格 : 食べレコアプリは無料
各特集価格 : 無料~450円程度(販売価格は特集により異なる)


このあたりのフットワークの軽さは、スタートアップならではですね。
[PR]

by p-article | 2009-10-16 01:15 | その他
<< [タ]サヨウナラHL-V55 インターネット40年!? >>