S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
what about?
[WEB2.0]
[net community]
only personal note
anymore?


masaqui[at]gmail.com

グルメ情報

[チミンモラスイ!]
[iddy profile]
[about me]
store of amazon
100SHIKI PR Board

Webスカウター情報 [Web Scouter]
スカウター : チミンモラスイ?

ページランク



ASPアクセス解析

google proxy
mobile view

lou_trans


LINKZ
--

あわせて読みたい

MoKuJi
タグ
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ブロ電™切符

Full Stop?
今日は、だいぶ前に書いておいたドラフトから…

いつの話題だよ?という話ですが…


ちょっと興味深い記事があったので、ピックアップw

「.」はJISの規定では、「Full Stop」という名称なのだそうです…
特に気にしたこともなかったのですが、おそらく初めて知りました(笑)

今日から使えるITトリビア:「.」の正式名称はFull Stop?――意外と知らない記号の読み方」2008.8.23 @ITmedia エンタープライズ
 書き言葉には、意味を補完するために、いくつもの記号が用意されている。本来は発音するものではない記号だが、文字として入力したり、文章中の存在を伝えたりするには、記号の名称を知っておくと便利だ。

 実は、私たちがよく利用している「!」「?」などの記号には、JIS(Japanese Industrial Standard=日本工業規格)で決められた「名称」がある。その名称が書かれているのが「JIS X 0201-1997 7ビット及び8ビットの情報交換用符号化文字集合」という規格で、PDFで閲覧できる。これは、1991年に発行された「ISO/IEC 646」という規格を基に作成されたものなので、記号の正式名称は英語。ただし、日本語の通用名称も参考として書かれている。

:



こちらの「日本工業標準調査会:データベース検索-JIS検索」のページで、[JIS規格番号からJISを検索]から「JISX0201」と入力することで、「7ビット及び8ビットの情報交換用符号化文字集合」というPDFファイルにアクセスできます。

 この文書を見てみると、巷で正式名称のように通用している読み方が書かれていなかったり、初めて聞いたような名称が書いてあったりする。

 例えば「.」。英語の時間に教わったのは、たしか「ピリオド」という読み方だった。それがインターネットの時代になると、URLの区切りとして「ドット」と読まれることが多くなった。しかし、正式名称は「Full Stop」。こんな読み方したことないという人も多いだろうが、それもそのはず、ブリティッシュイングリッシュでは使われていても、北米地域ではめったに使われておらず、アメリカやカナダでは、やっぱり「ピリオド」や「ドット」と呼ばれている。ただし、小数点を表す場合のみ「ポイント」という読み方になる。


その他、記事にある例として
「,」 COMMA コンマ / セディユ
「-」 HYPHEN-MINUS ハイフン / 負符合
「'」 APOSTROPHE アポストロフィー / アクサンテギュ
「。」 IDEOGRAPHIC FULL STOP 句点
「、」 IDEOGRAPHIC COMMA 読点
「ー」 KATAKANA-HIRAGANA PROLONGED SOUND MARK 長音符合
「@」 COMMERCIAL AT 単価記号


「@」は、一般的にアットマークと呼ばれているわけですが、もともと単価ということで、Commercial At の C と A で「@」となっているというのは、けっこう知っているいるひとも多いのではないかと思います。

ちなみに、「アット」と入力すると 「[全]単価、アットマーク」と"Microsoft(R)IMEスタンダード2002では表示されます。

この「7ビット及び8ビットの情報交換用符号化文字集合」を見ていて、僕が気になったのは、他に…

「/」 SOLIDUS 斜線
「^」 CIRCUMFLEX ACCENT アクサンシルコンフレックス

もちょっとなじみのない呼び方のような気がします。

「/」は、普通にスラッシュと呼んでいることが多いと思うのですが…

おなじみのニュースサイト「Slashdot」は、「SOLIDUS FULL STOP」ということになるのかな??


このドキュメントに規定されているものではありませんが、よく週刊誌や、スポーツ紙にみられる見出しの最後の「!?」という表記は、「感嘆符疑問符」と呼ぶそうです。

→「感嘆符疑問符 - Wikipedia

さらに、「!」と「?」を組み合わせたインテロバング (Interrobang)と呼ばれる「」という記号もあったりしますね。

→「感嘆修辞疑問符 - Wikipedia
[PR]

by p-article | 2009-09-02 00:00 | その他
<< おっと!? "Goo... "CerevoCam... >>