S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
what about?
[WEB2.0]
[net community]
only personal note
anymore?


masaqui[at]gmail.com

グルメ情報

[チミンモラスイ!]
[iddy profile]
[about me]
store of amazon
100SHIKI PR Board

Webスカウター情報 [Web Scouter]
スカウター : チミンモラスイ?

ページランク



ASPアクセス解析

google proxy
mobile view

lou_trans


LINKZ
--

あわせて読みたい

MoKuJi
タグ
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ブロ電™切符

Yahoo!×MS =!!
f0002759_22475820.jpgMSとYahoo!の提携が正式に発表されたようですね。


マイクロソフトとヤフーがようやく提携」2009.7.30 @CNET
 MicrosoftとYahoo!は7月29日(米国時間)、オンライン事業での提携を発表した。MicrosoftはYahoo!の検索技術ライセンスを取得した上で同社に検索サービスを提供し、Yahoo!は両社の優良広告主に対し、ワールドワイドで独占的に販売契約を結ぶことになる。

 両社によると、今回両社が結んだ契約は10年間に渡るもの。Microsoftは今後10年間、Yahoo!のコアな検索技術の独占的ライセンスを入手し、その技術をMicrosoftの検索プラットフォームに統合する権利を得た。その上で、Microsoftの提供する検索サービス「Bing」は、Yahoo!のサイト上で提供される唯一の検索エンジンとなる。これはアルゴリズムサーチと有料サーチの両方に適用される。

→「Choice. Value. Innovation. - Home
→「Microsoft, Yahoo! Change Search Landscape」2009.7.29 @Microsoft PressPass
→「What our Microsoft deal means to you」2009.7.29 @Yodel Anecdotal
→「Carol talks about the Microsoft deal」2009.7.29 @Yodel Anecdotal

【関連記事】
MS、米ヤフーの検索関連ツールを「Bing」に取り入れる構え--「SearchMonkey」など」2009.7.30 @CNET
MicrosoftとYahoo!が検索事業で提携、Yahoo!の検索エンジンはBingに」2009.7.30 @INTERNET Watch
MicrosoftとYahoo!が提携、検索事業で10年契約」2009.7.30 @INTERNET Watch
Yahoo! JAPANでもMicrosoftの「Bing」導入を検討」2009.7.30 @INTERNET Watch
MS-Yahoo!提携で、Bingは「超人ハルク」になる」2009.7.30 @ITmedia
打倒Googleで一致:Yahoo!との提携は「前回の提案より不利な面も」とバルマーCEO (1/2)」2009.7.30 @ITmedia
Microsoft-Yahoo!の提携、その課題とメリットは」2009.7.30 @ITmedia
MSとYahoo!の検索広告分野での提携、来週にも正式発表か? - 米報道」2009.7.18 @マイコミジャーナル
【速報】米Yahoo!と米Microsoftが検索広告分野で10年間の独占提携を発表」2009.7.30 @マイコミジャーナル
【レポート】米Yahoo!と米Microsoft、提携合意で記者会見を開催」2009.7.30 @マイコミジャーナル
:



f0002759_23395312.jpg

今回の提携にあたって特設サイトが用意されており、Yahoo! CEO Carol Bartz氏、Microsoft CEO Steve Ballmer氏のビデオメッセージが配信されております。

TechCrunch JAPANにもいくつか記事があがっておりますね。

MicrosoftとYahooの検索提携交渉 は大詰めに―「今日、明日、来週にも」発表へ」2009.7.29 @TechCrunch JAPAN
速報―MicrosoftとYahooの検索提携の主な内容」2009.7.30 @TechCrunch JAPAN
マイクロソフトとYahooの検索提携:ウォールストリートは今のところ好感せず」2009.7.30 @TechCrunch JAPAN
勝ち組、負け組、はっきりと―Yahooの株主、$2.9BをMicrosoftに乗り換える」2009.7.30 @TechCrunch JAPAN
Microsoftにとっては成功、しかしYahooは頭にガツンとBingを喰らう―検索エンジンとしては死亡」2009.7.30 @TechCrunch JAPAN


提携に関する内容ではありませんが、こんな記事も…

BingのユーザはGoogleのユーザよりも広告をクリックする人が倍近く多いのか?」2009.7.25 @TechCrunch JAPAN


今回の提携で、Yahoo!の検索エンジンが、YSTからBingに切り替わるみたいですね。Yahoo! Japanでもグローバルと同様にエンジンの切り替え示唆するコメントが広報からアナウンスされております。

YSTのおさらいですが、2004年からのようですので、なにげに5年前かー...

→「Yahoo! Search Technology (YST) とは」2004.5.31 @Yahoo!サーチ weblog
YST 日本語版

YSTは現在、米Yahoo!で既に採用されており、欧州やアジア・太平洋地域でもYSTへの切り替えが進められています。

ところでYahoo!ジャパンは2004年5月現在、ページ検索にGoogleを採用しており、今後については一切明らかになっていません。ただ、Yahoo!ジャパンもいずれYSTに切り替えるだろうというのがもっぱらの見方です。

その理由として、まず第1に企業戦略上、Yahoo!ジャパンにとって「YSTを今後も拒否してGoogleを継続利用する」ことに対する合理的な理由はみつからない一方で、YSTを採用した方がビジネス上のアドバンテージが十分にあることです。YSTに切り替えれば検索連動型広告は100%オーバーチュアのスポンサードサーチを表示できますし、Googleの今後の日本市場での成長の芽を摘んでおくことができます。Googleが急成長したのは米Yahoo!が採用したことで知名度が上がったことも一因という指摘がありますから、Googleの頭を先に押さえておく意味でもYSTに切り替えることのメリットはあります。

2点目として既にYahoo!ジャパンは部分的にYSTを採用しているという事実です。Yahoo!ジャパンは現在、ページ検索以外にも画像・動画・音声検索を提供していますが、これら3つの検索エンジンはGoogleではなくYSTです。

さらに3点目として、YST日本語検索が既に日本のオーバーチュアを通じていくつかのサイトに提供されていることです。2004年5月31日現在、 asahi.com、NIKKEI.NET、cafesta の3サイトがオーバーチュアのネットワークを通じてYST日本語検索を採用しています。つまりYSTも日本語対応が着々と進んでいることも示しています。

このような理由を考慮すると、YSTのYahoo!ジャパンへの採用可能性は限りなく高いということです。ただしYSTは米国でもまだ今後新たな新機能を搭載するといわれており、製品としてはまだ未完成です。従って、これから搭載する予定の機能が米国でリリースされた後、それが日本語対応になった時点でYahoo!ジャパンは採用するかもしれません。Google以上のものにしあがったところで日本市場に投入すると考えた方がいいでしょう。

以上、2004年5月31日02:00 作成 (泣

→「対談:日本における検索の未来 - データセクション 橋本大也 vs ヤフー 志立正嗣」2004.5.31 @CNET


昨年のマイクロソフトによるYahoo!の買収という話題について、このブログでも何度か触れておりました。

チミンモラスイ? : Yahoo!×MS =??」2008.2.4
チミンモラスイ? : Yahoo!×MS =!?」2008.2.5
チミンモラスイ? : yahooとmsとgoogle」2008.6.17


そういえば、こんなエントリも…

チミンモラスイ? : 検索戦争「最終章」?」2007.1.2




CNETのオンラインパネルディスカッションでは、検索市場についてのお題が提供されております。

→「MSとYahooの提携で検索市場はどうなる?:CNET Japan オンラインパネルディスカッション - CNET Japan


日本では、ポータルサイトのシェアとして、依然としてYahoo!が圧倒的なシェアがあるわけですが、検索エンジンの採用としては、ほとんどのポータルサイトでGoogleを採用しています。
6月にサービスを終了した「Ask.jp」は2008年からYSTを採用しておりましたが...YSTは現状ではほぼYahoo!のみといってもよさそうです。(mixiのウェブ検索ではYSTを利用してますが…)
#Yahoo!エンジン採用のポータルは、他にエキサイトとSo-net、infoseekがあったんだったw

YSTがBingに置き換わることで、このあたりの勢力図にも変化がおこるのかな?

いまのところ、日本ではまだBingのエンジンの真価は発揮されていないようですが、英語圏ではGoogle対抗としての呼び声の高い評価もチラホラとみかけますので、今後の展開として期待感も高まります。


そういえば…

→「チミンモラスイ? : Yahoo!"ディレクトリ検索" 健在!」2008.2.29

こんな話題もあったりしましたが、ディレクトリーのような人の手がはいるものは、ローカル特有の特徴というのがありそうなので、このあたりの活用というのも気になったりww
[PR]

by p-article | 2009-07-31 00:42 | 検索エンジン
<< [雑]中国旬菜 茶馬燕 @藤沢 GREE 会員1200万人突破! >>