S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
what about?
[WEB2.0]
[net community]
only personal note
anymore?


masaqui[at]gmail.com

グルメ情報

[チミンモラスイ!]
[iddy profile]
[about me]
store of amazon
100SHIKI PR Board

Webスカウター情報 [Web Scouter]
スカウター : チミンモラスイ?

ページランク



ASPアクセス解析

google proxy
mobile view

lou_trans


LINKZ
--

あわせて読みたい

MoKuJi
タグ
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ブロ電™切符

"Facebook" 2題
f0002759_2236416.jpg「Facebook」に関する記事がいくつかでておりました。


Facebook、仮想通貨プラットフォームのテスターを募集」2009.7.16 @CNET
 Facebookは米国時間7月15日、同サイトの開発者ブログにいくつかのちょっとした発表を投稿した。最も重要なものは、さまざまな憶測が飛び交った末に同社がついにローンチする仮想通貨プラットフォームのアルファテスターの募集である。

 同投稿には、「われわれは現在、一部のアプリケーションにおいてユーザーからの『Facebook Credits』を受け付けられるようにするためのアルファテストを実施中である」と記されている。「当サイトの2億5000万人のユーザーが15の通貨でFacebook Creditsを購入することができるようになった。Facebook Creditsがプラットフォーム上でさらに広く使用可能となるにつれ、開発者の収益獲得が著しく改善され、ユーザーエクスペリエンスが向上すると信じている」(Facebook投稿記事)

→「Facebook calls for payment platform testers」2009.7.15 @The Social - CNET News


Facebook会員が2億5000万人を突破」2009.7.16 @INTERNET Watch
米Facebookは15日、SNS「Facebook」の会員数が2億5000万人を超えたと発表した。

 Facebookの会員数は2009年1月に1億5000万人を突破、4月には2億人を突破したことが発表されていた。1日あたり約50万人が新規登録している計算になる。現在Facebookは、英語圏第1位のSNSで、2位のMySpaceを抜き去っている。


【関連記事】
Facebook、公式ユーザー数2億5000万人突破」2009.7.16 @TechCrunch JAPAN
:
「Facebook economy」というような表現もあったりしますが、仮想通貨プラットフォームというようなしくみによって、よりいっそうプレイヤーにとってマネタイズの機会が与えられることになるのではないでしょうか。
記事からは、いまひとつ詳細がわからないところがありますが、「Facebook Credits」がユーザー間で流通するようになると、コミュニティの活性化にもつながると考えられます。

そして、もうひとつ、ユーザー数2億5千万とは...ww

ほんのちょっと前に、いよいよ2億人突破か?みたいな話だったと思うのですが...


Facebookの公式な統計情報はこちらにあります。

→「統計 | Facebook
General Growth
* More than 250 million active users
* More than 120 million users log on to Facebook at least once each day
* More than two-thirds of Facebook users are outside of college
* The fastest growing demographic is those 35 years old and older

User Engagement
* Average user has 120 friends on the site
* More than 5 billion minutes are spent on Facebook each day (worldwide)
* More than 30 million users update their statuses at least once each day
* More than 8 million users become fans of Pages each day

Applications
* More than 1 billion photos uploaded to the site each month
* More than 10 million videos uploaded each month
* More than 1 billion pieces of content (web links, news stories, blog posts, notes, photos, etc.) shared each week
* More than 2.5 million events created each month
* More than 45 million active user groups exist on the site

International Growth
* More than 50 translations available on the site, with more than 40 in development
* About 70% of Facebook users are outside the United States

Platform
* More than one million developers and entrepreneurs from more than 180 countries
* Every month, more than 70% of Facebook users engage with Platform applications
* More than 350,000 active applications currently on Facebook Platform
* More than 200 applications have more than one million monthly active users
* More than 15,000 websites, devices and applications have implemented Facebook Connect since its general availability in December 2008

ここでのactive usersというのが、一般的にいうアクティブユーザーなのかはちょっとわかりませんが(アクティブアカウントということなのではないかと思うけど)、2億5千万のソーシャルグラフというのは、すごいスケール感です。

全体の70%は、USの国外のユーザーとのことですが、ちょうど1ヶ月前に、こんな記事も。

→「Facebookがついに合衆国でもMySpaceを抜き去る」2009.6.16 @TechCrunch JAPAN

こちらの記事では、ユニークビジター数ベースではありますが、USでも最大のコミュニティに成長していると考えていいのではないでしょうか。

グローバルでの成長と分布が動画で紹介されております。

→「Facebookさんが投稿した動画:「Mapping 250 Million」 | Facebook

↓こちらは動画の最後の画面のキャプチャーとなります。
f0002759_2334339.jpg


米ユーザーのサイト利用時間、Facebookが年699%増の急成長」2009.6.4 @INTERNET Watch
米ネット利用者の4割がソーシャルメディアを使用、8割がFacebook」2009.6.17 @INTERNET Watch


成長スピードというのがスゴイなーとも思うのですが、Facebookの特徴として、やはりアクティビティストリームの活用というもポイントなのかなとも思います。

そういえば、ちょっと前なのですが、高校時代の同級生から、友達リクエストが突然きてびっくりしたのですが(IT系の仕事についているわけではなく、おそらくmixiすら知らないようなクラスタ)、ネットでは個人情報をほとんど晒していなくて、よくたどりついたなという話なんだけど(笑)。それはともかく、Facebookだと弱い紐帯の力による結合力を感じることがあります。

現状は、日本語環境では、コミュニティの外側に訴求しうる(広義の)コンテンツが不足しているのかなという印象もありますが、今後の日本での展開というのも注目です。
[PR]

by p-article | 2009-07-17 00:08 | コミュニティ
<< 「トリップアドバイザー」1周年 "情報流通インデック... >>