S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
what about?
[WEB2.0]
[net community]
only personal note
anymore?


masaqui[at]gmail.com

グルメ情報

[チミンモラスイ!]
[iddy profile]
[about me]
store of amazon
100SHIKI PR Board

Webスカウター情報 [Web Scouter]
スカウター : チミンモラスイ?

ページランク



ASPアクセス解析

google proxy
mobile view

lou_trans


LINKZ
--

あわせて読みたい

MoKuJi
タグ
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ブロ電™切符

"myspaceCD" by MySpace
f0002759_21545397.jpg「MySpace」の日本向けサービスとして、CD音源の販売サービス「myspaceCD」が始まりました。


マイスペースとポニーキャニオン、購入した楽曲をダウンロードしてCD-Rに書き込みできる「myspaceCD」」2009.7.13 @CNET
 マイスペースとポニーキャニオンは7月13日、業務提携し、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)「MySpace」にてCD音源の販売サービス「myspaceCD」の提供を開始した。

 myspaceCDは、MySpaceに登録するアーティストの音源をダウンロードし、ユーザーのPCにてCD-Rに書き込むことができるサービスだ。音源はCDのデータを無圧縮で取り込めるほか、ジャケット画像やレーベル面の画像データも付属する。

→「MySpace
→「MySpace.com - myspace.com/myspacecdjp

【関連記事】
MySpace、配信楽曲のCDをネット経由で作成できる「myspaceCD」」2009.7.13 @INTERNET Watch
:



f0002759_2254831.jpgf0002759_226013.jpg

「myspaceCD」でCDを販売するには以下の手順が要求されるようです。

(1)MySpaceおよびmyspaceCDのアマチュアアーティストに登録
(2)楽曲・アルバムを登録
(3)ジャケット・レーベル画像登録

ポニーキャニオングループにて審査後、MySpace内の myspaceCDの専用サイトで公開されます。

音楽著作権管理事業者に登録していない楽曲のみが対象で、販売価格はアーティスト側で、300~1万円のあいだで自由に選択ができるようですが、「myspaceCD」での楽曲の販売として...

* 初期登録費用・月額固定費用:0円
* 販売手数料:販売価格の50%
* サービス基本使用料:販売価格の25%(ただし101枚以降は無料)

という形で、販売価格(売上げ)に応じた、手数料等がかかります。

売上げに応じた課金なので、アーティスト側でロットの負担をする必要がないということになりますが、
仮に1枚1000円というプライシングで100枚売れた場合には、
1,000×100=100,000円 の売上げとなりますが、
販売手数料が、50,000円 と サービス基本使用料として、25,000円がかかるので、
アーティストとしての収入は、10万円から7万5千円がさしひかれて、2万5千円となります。
販売1枚あたりの、収益は1000円の価格のもので、250円ということになるのかな?

101枚以上売れることで、サービス基本使用料は定額なので、ある程度の数がまとまることで、薄まっていくことになります。
1000円のCDが1000枚売れたというケースでは、差し引き47万5千円の収益となるので、1枚あたり475円となります。

このあたりは、アーティスト側の感覚というのが、ちょっとわからないのだけど、ある意味このサービスに関わる料金をユーザーに転嫁させていることになるので、インディーズでの世界観としてはどうなんでしょうね?

以前、はてブ界隈でもちょっと話題になっておりましたが、CDの流通にかかるコストは45%程度ということのようなので、さらにレーベルの制作費等を考えると、アーティストが受け取る収益というのは、一般のCD流通よりははるかに高い割合とは言えそうですが...

→「1枚3,000円のCDが売れたときのJASRACの取り分」2008.4.24 @P2Pとかその辺のお話@はてな


そういえば、マイスペースの話題についてのエントリって、ずいぶん久しぶりですね。

チミンモラスイ? : 「MySpace Japan」只今テスト中」2006.11.5
チミンモラスイ? : MySpace日本版はソフトバンク?」2006.11.6
チミンモラスイ? : 「マイスペースジャパン」予想内だった?」2006.11.7
チミンモラスイ? : MySpace has come!」2007.2.19
チミンモラスイ? : MySpace Japan 本格始動?」2007.5.29

2年ぶり??

僕が、たまたま取り上げてないというのもあるのですが、話題としても、mixiやGREEなどの国内のSNSや、海外のSNSとしてもFacebookや、Twitterの話題におされてしまっていたような印象もあります。

個人的には、今回のSNSのような、ドメスティックなプレイヤーとの協業を前提としたローカライズというのは、いい取り組みだなーと思うのですが、実際こういったCDへの書き込みを着地点としたようなサービスが受け入れられるのかというのは、ちょっと疑問も。

ちょうど、配信データをDVDに記録できるサービス「DVD Burning」が、9月に終了というアナウンスもありましたが...

→「KDDI、配信動画をDVDに焼く「DVD Burning」サービス終了」2009.6.26 @AV Watch

この4月と5月の月間の利用者は500名程度だったとのことです。
サービス自体の枠組みの違いや、データソースとしても映像と音楽の違い、そして価格設定などの違いがあるのはわかりますが、CDへの書き込みというのが訴求力をもつのかどうかちょっと微妙な気も。
(そもそも、携帯電話はもちろんネットブックなどCDドライブが担保されてない端末のみのユーザーも増えてきているということもありそうだし...さらに言うと音楽の視聴スタイルもCDの再生環境もアヤシイかも)

僕の場合は、まあ音楽あんまり聴かないというのはあるんだけど、それでもCDはコンスタントに購入してる方なんじゃないかと思いますが、こういったダウンロードデータのCD書き込みというのは、あまり食指が動かないかな...

ただ、こういった楽曲の提供とか、Myspaceらしいアプローチだと思いますので、盛り上がるといいですね。
[PR]

by p-article | 2009-07-14 00:00 | コミュニティ
<< 「2011年 新聞・テレビ消滅」読了 [雑]クラリタ ダ マリッティ... >>