S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
what about?
[WEB2.0]
[net community]
only personal note
anymore?


masaqui[at]gmail.com

グルメ情報

[チミンモラスイ!]
[iddy profile]
[about me]
store of amazon
100SHIKI PR Board

Webスカウター情報 [Web Scouter]
スカウター : チミンモラスイ?

ページランク



ASPアクセス解析

google proxy
mobile view

lou_trans


LINKZ
--

あわせて読みたい

MoKuJi
タグ
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ブロ電™切符

"Bing" by Microsoft, launch!
f0002759_21482732.jpgマイクロソフトの新検索エンジン「Bing」が好調なスタートダッシュという記事がありました。


一瞬浮上:Bing、Yahoo!を抜いて検索シェア2位に――StatCounter調べ」2009.6.6 @ITmedia
 6月1日にプレビュースタート、3日に正式公開されたMicrosoftの新検索エンジン「Bing」が4日、世界および米国の検索エンジン市場で Yahoo!を抜き、Googleに次ぐ2位に浮上した。5日にはシェアを落とし、世界では3位、米国では同列2位になった。Web統計サービスの米StatCounterのデータが示している。

→「Bing Overtakes Yahoo! | StatCounter Global Stats」2009.6.5

「Bing」に関連して、以下のようなエントリをあげております。

→「チミンモラスイ? : "Bing" by Microsoft」2009.6.1
→「チミンモラスイ? : "Bing" by Microsoft, now Being!」2009.6.2
:



日本でも、予定通り(というか少し早くw)公開されております。

f0002759_21524847.jpg


USでは、公開日の3日からテレビCMなどのプロモーションを行っていたそうです。

マイクロソフト、新検索エンジン「Bing」の利用浸透に多額の宣伝費投入へ」2009.6.2 @CNET

その結果というこなのか、Web統計サービスのStatCounterでの検索エンジンのシェアとして...

→「Top 5 Search Engines in the United States from 29 May to 7 Jun 09 | StatCounter Global Stats
f0002759_2246236.jpg

[6月3日]
Google 78.07%
Bing 8.4%
Yahoo! 11.28%
[6月4日]
Google 71.99%
Bing 15.64%
Yahoo! 10.32%
[6月5日]
Google 77.12%
Bing 9.95%
Yahoo! 10.75%

6月4日をピークに、下降しており、6月7日でのBingのシェアは、5.76%となっております。

ちなみに5月31日時点のシェアとして、
Google 78.65%、Yahoo! 10.83%、Live 5.45% でしたので、Live Searchと同水準になっていると言えそうです。

個人的な経験として、こういったデイリーのリーチ(今回は全体を100としたシェア)の変化というのは、あまり意味がなくて(誤差が大きいので)、あまり参考にならないのかなーとも思いつつ、この数値を見る限りでは、CMなどのプロモーション効果で、とりあえず使ってみようというようなアクセスや、トライアル的な利用で数値が伸びたのだとは思います。シェアとして、Googleからの移行ということがみてとれますが、またすぐに戻ってしまっているようです。


「Bing」について、こんな記事もあったりしますが...

→「MS、アダルト動画表示への批判を受けて「Bing」の検索フィルターを強化」2009.6.5 @CNET


もっと気になる記事が(笑)

時事通信社の湯川さんが、Microsoft本社(Redmond)で開発者の方のインタビューを行っていて、別途記事があがるようですが、ご自身のブログで、取材メモを公開されております。

→「図らずもBing発表の日にMS本社担当者を取材した男の手記「結構いいかも」」2009.6.4 @湯川鶴章のIT潮流

取材後の感想として、以下のような言葉があります...

検索エンジンが1つ進化したのは事実。競合する検索エンジンもこの方向で進化するのだと思う。そうなることは、幾つかの専門サイトにとって脅威になることは間違いない。
一方でこの進化がパラダイムシフトと呼べるほど大きなものかというと、そんなことはないと思う。


言語設定を英語にすることで、検索結果として目覚ましく進化しているとのことですが、Googleの登場のようなイノベーションを感じるものではないということかな...

そういえば、検索のパラダイムシフトとして、(これもGoogleだけど、)画像検索がローンチされたときは、かなりビビったなーというのを、ふと思い出したんだけど、こういった検索の進化の系譜として、ここしばらくは思考の延長線の進化なのかもです。

いわゆるAISASとかそのへんのモデルにも、変化(というか再定義かな)がおきてもいいのかなとも思いつつ...
(特に答えも用意してませんがww)

[PR]

by p-article | 2009-06-08 00:12 | 検索エンジン
<< [雑]ホルモン稲田 @目黒 [雑]Re:"Ama... >>