「ほっ」と。キャンペーン
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
what about?
[WEB2.0]
[net community]
only personal note
anymore?


masaqui[at]gmail.com

グルメ情報

[チミンモラスイ!]
[iddy profile]
[about me]
store of amazon
100SHIKI PR Board

Webスカウター情報 [Web Scouter]
スカウター : チミンモラスイ?

ページランク



ASPアクセス解析

google proxy
mobile view

lou_trans


LINKZ
--

あわせて読みたい

MoKuJi
タグ
検索
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ブロ電™切符

"Google Wave" coming!
f0002759_2071381.jpgGoogleから新たなコミュニケーションツール「Google Wave」が発表されました。


グーグル、「Google Wave」を発表--電子メールでリアルタイムコミュニケーション」2009.5.29 @CNET
 Googleは、リアルタイムかつ組織的なインターネット上のコミュニケーションを求める需要に応じる上での、同社の回答姿勢を明らかにし始めた。

 Googleは米国時間5月28日午後、サンフランシスコで開催の同社開発者カンファレンス「Google I/O」において、「Google Wave」の初の公式デモンストレーションを行った。「未来の電子メール」とも宣伝される、Google Waveは、電子メール、インスタントメッセージング、写真の共有、さらにおそらくは、開発者の協力を得ながら、ソーシャルネットワーキングの世界とのつながりまで統合し、電子メールの受信箱の再発明に挑む、同社の社内で複数年にわたって進められてきたプロジェクトの成果となる。

→「Gmail in real-time: Google does the Wave | Webware - CNET」(原文)

→「Google Wave Preview
→「Google Wave API - Google Code
→「Introduction ‎(Google Wave Federation Protocol)‎
→「Went Walkabout. Brought back Google Wave.」2009.5.28 @Official Google Blog
→「Introducing the Google Wave APIs: what can you build?」2009.5.28 @Google Wave Developer Blog

【関連記事】
Google Waveはコミュニケーションを再定義するか?」2009.5.29 @CNET
【詳報】Google Waveとは何なのか?」2009.5.29 @アットマーク・アイティ
米Googleが次世代通信プラットフォーム「Google Wave」発表」2009.5.29 @INETENET Watch
リアルタイムのコンテンツ共有:Google、リアルタイムコラボレーションツール「Google Wave」を発表」2009.5.29 @ITmedia
:



f0002759_20155755.jpg

APIのページには、以下のような説明があります。
What is Google Wave?
Google Wave is a product that helps users communicate and collaborate on the web. A "wave" is equal parts conversation and document, where users can almost instantly communicate and work together with richly formatted text, photos, videos, maps, and more. Google Wave is also a platform with a rich set of open APIs that allow developers to embed waves in other web services and to build extensions that work inside waves.

コミュニケーションをベースにした、コラボレーションのための統合ツールというような感じでしょうか。

5月28日に開催された「Google I/O 2009」で発表されたようですが、デモンストレーションとともに、Lars Rasmussen氏から、 「Google Wave」のコンセプトとして、「3つのP」(プロダクト、プラットフォーム、プロダクト)という説明があったようです。

Google Wave Protocol
#SMTPを置き換え得るサーバソフトウェア

Google Wave Platform
#APIの集合体

Google Wave Product
#リッチテキストエディタやデスクトップからのドラッグ&ドロップを実現


Cometを使って、同期的なコミュニケーションを実現していたりするようですが、メッセージングツールにおいてもTwitterキラーになりうるかもしれません。

Emailの再定義といった、話も出てきたようですが、今後の展開に期待が高まります。
[PR]

by p-article | 2009-05-31 21:07 | コミュニティ
<< "Bing"... [タ]塩ビ管スピーカーのセカイ >>