S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
what about?
[WEB2.0]
[net community]
only personal note
anymore?


masaqui[at]gmail.com

グルメ情報

[チミンモラスイ!]
[iddy profile]
[about me]
store of amazon
100SHIKI PR Board

Webスカウター情報 [Web Scouter]
スカウター : チミンモラスイ?

ページランク



ASPアクセス解析

google proxy
mobile view

lou_trans


LINKZ
--

あわせて読みたい

MoKuJi
タグ
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ブロ電™切符

"サーチウィキ" by Google
f0002759_213383.gifGoogleが「サーチウィキ」を一般に公開を開始とのこと。


グーグル、検索結果をカスタマイズできる「サーチウィキ」を開始」2009.5.8 @CNET
 グーグルは5月7日、Googleのウェブ検索結果を自分の好みにカスタマイズできるサービス「サーチウィキ」を開始した。Googleアカウントへログインすると利用できる。

 サーチウィキでは、お気に入りのサイトが上位に表示されるように検索結果の表示順位を変更したり、検索結果に表示されないサイトを追加したり、不要なサイトを削除したりできる。

→「サーチウィキ: 検索結果表示をカスタマイズできるようになりました」2009.5.7 @Google Japan Blog
:



f0002759_2131841.jpg

f0002759_2133140.jpg

Googleアカウントでログインしている状態で、SERPに編集のアイコンが表示されるそうですが、僕の環境では、いまのところ反映されておりません。

f0002759_2149100.jpgよくわからないんですが、Googleのロゴをデスクトップ上にダウンロードしたところ、それらしきアイコンが隠されておりましたw


「SearchWiki」は、昨年から発表されていて、順次公開範囲を広げてきたわけですが、
Official Google Blogでも、取り上げられておりました。

→「Search experiments, large and small」2008.8.26 @Official Google Blog
→「SearchWiki: make search your own」2008.11.20 @Official Google Blog

CNETとか、TechCrunchにも記事があがっておりました。

グーグル、検索結果のカスタマイズ機能「SearchWiki」を提供開始」2008.11.21 @CNET
Googleが検索のインタフェイスを大改造–その名もSearchWiki」2008.11.21 @TechCrunch JAPAN


で、今回のリリースでは、日本でもサービス提供が開始とのことで、さっそくSEMリサーチにも記事があがっておりました。

検索結果をカスタマイズする「Google サーチウィキ」日本で開始」2009.5.7 @SEM R
GoogleサーチウィキによるSEOへの影響は?」2009.5.7 @SEM R


→「機能 : サーチウィキ - ウェブ検索 ヘルプ
気に入った検索結果がある場合
 順位を上げる をクリックすると、そのウェブページは検索結果の一番上に移動します。以降同じキーワードで検索すると、常にこの結果が一番上に表示されるようになります。移動した検索結果の横には Move_up アイコンが付きます。順位を上げた検索結果を元の位置に戻すには、その検索結果の横にあるアイコンをクリックします。

気に入らない検索結果がある場合
 検索結果から除外 をクリックすると、そのウェブページが検索結果から除外されます。一度除外したウェブページは、同じ検索を行っても次回から表示されなくなります。除外したウェブページを検索結果に戻すには、検索結果の一番下([この検索から除外したページがあります] の横)にある[表示する]をクリックし、[元に戻す] をクリックします。

他にもっと適切なウェブページがある場合
検索結果の下にある [検索結果を追加] をクリックすると、その検索結果にサイトやページを追加できます。ボックスに URL を入力してプレビューで確認したら、[追加] をクリックします。以降、同じキーワードで検索をすると追加したページが一番上に表示され、その横に Move_up アイコンが付きます。検索結果ページに追加したページを削除するには、その横にある検索結果から除外 をクリックします。

結果にコメントを追加する
コメント をクリックしてテキストボックスを開き、コメントを入力します。以降、この検索結果と一緒にコメントも表示され、そのページに関する追加情報として役立ちます。作成したコメントは一般公開されるのでご注意ください。Google アカウントにログインしたユーザーであれば、誰でもコメントを見ることができるようになります。公開すると、コメントとともにGoogle アカウントのニックネームが表示されます。作成したコメントを削除するには、[コメントを削除] をクリックします。


ここで編集された情報は、基本的には、自分の検索結果として反映されるだけで、コメントのみが公開されて共有されることになります。
USでは、なんかあんまり評判はよくないみたいですね…

このサーチウィキの他、「ワンダーホイール」など、いくつかの検索ツールも日本語サービスとして、公開されているぽいです。

→「The Google Wonder Wheel & Other Search Refinement Features Get Live Test」2009.3.27 @search engine land


ちょうど、Twitterの検索機能が、強化されてきていたり…

→「おーい、Google! Twitterがリンク先も索引化し始めるぞ」2009.5.8 @TechCrunch


ソーシャルサーチの実現には、さまざまなアプローチがあるのではないかと思うのですが、現状ではサーチウィキでは、検索結果への影響はないものの、こういったユーザー側の評価システムの組み込みのより、よりユーザーにとってのレレバンシーの高い検索結果を提供することにつながるのではないかと思います。
[PR]

by p-article | 2009-05-11 00:16 | 検索エンジン
<< 「フォトポケ」 by BIGLOBE [雑]炭火マルイチ @東北沢 >>