S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
what about?
[WEB2.0]
[net community]
only personal note
anymore?


masaqui[at]gmail.com

グルメ情報

[チミンモラスイ!]
[iddy profile]
[about me]
store of amazon
100SHIKI PR Board

Webスカウター情報 [Web Scouter]
スカウター : チミンモラスイ?

ページランク



ASPアクセス解析

google proxy
mobile view

lou_trans


LINKZ
--

あわせて読みたい

MoKuJi
タグ
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ブロ電™切符

"ebay.co.jp" 再始動!?
f0002759_18524761.gif3月末に、ebay.co.jpにて、新たなサービスが始まっているそうです。


「ebay.co.jp」はなぜ、今始動したのか」2009.4.14 @ITmedia
 「ebay.co.jp」――米eBayは3月末、なつかしいドメインのサイトを再開した。

 eBayは2000年、NECと組み、ebay.co.jpのドメインで日本向けオークションサイトを設立。だが「Yahoo!オークション」との争いに敗れて2002年、日本から撤退した。

 3月末に再開した「ebay.co.jp」は、かつてのようなオークションサイトではない。世界のeBayに出品する売り手、「セラー」のための情報サイトだ。

 「日本から海外のeBayに出品するユーザーが、ここ数年増えてきた」と、日本法人「イーベイ・ジャパン」のビジネス開発事業部・三島健事業部長は話す。米国やオーストラリア、ドイツなど各国のeBayに、「日本からありとあらゆるジャンルの商品が出品されている」という

→「eBay Japan Export Center
:



f0002759_1856567.jpg→「eBay Japan Export Center
eBayの紹介として、以下のように日本語のページが提供されております。

40カ国のグローバル・マーケット
56%の取扱高は米国以外の国際市場
2007年の取扱高は約6兆円
2億7,500万人以上の登録ユーザ
8,400 万人のアクティブユーザ
個人・法人いずれでも利用可能
毎秒 約20万円相当の売買
取扱は50,000カテゴリ以上
常時1億1,000万点以上の商品が掲載
毎日700万点以上出品(約29万アイテム/時間)
130万人がeBayを主要なビジネス・チャネルとして活用




2002年3月末で、日本から撤退していたeBayが、撤退前のebay.co.jpのドメインとして、2009年3月末に再開されているようです。
→「News:eBay,日本撤退へ」2002.2.27 @ITmedia

eBayというと、かつてヤフーオークションの対抗サービスという印象が残っておりますが、今回の再始動として、オークションサービスの復活とうことではなく、グローバルのマーケットプレースに対して、日本からの売り手となる事業者の支援というか、出品受付を行うサービスとなるようです。

日本からのeBayでの購買支援を行うネットプライスグループの「セカイモン(sekaimon)」との補完関係にあるようです。


今回の記事を読んで思い出しましたが、ヤフオクとの連携なんていう話もありまたね...

→「日米最大のオークションが“1つ”に かつてのライバル・ヤフオクとeBayが提携」2007.12.4 @ITmedia

現段階では、この連携についての進捗はないようです。


そういえば、eBay関連では、PayPalが2007年3月から日本語に対応しておりますが、昨年あたりから日本でのマーケティングにも積極的になってきているという話をチラホラと聞いていたり...

→「eBayが3カ年計画発表、オンライン決済のPayPalに注力」2009.3.12 @ITmedia

OpenPNE3では、標準のプラグインとしてPayPalボタンが提供されるなど、そのあたりの片鱗が伺えます。

クレジットカードや、手数料など、いくつか課題はあると思いますが、マイクロペイメントとの普及により、EC以外にも、各種サービスの活性にも期待が高まります。
[PR]

by p-article | 2009-04-20 00:00 | その他
<< 五十番 @神楽坂 地域SNS×地域メディア >>