S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
what about?
[WEB2.0]
[net community]
only personal note
anymore?


masaqui[at]gmail.com

グルメ情報

[チミンモラスイ!]
[iddy profile]
[about me]
store of amazon
100SHIKI PR Board

Webスカウター情報 [Web Scouter]
スカウター : チミンモラスイ?

ページランク



ASPアクセス解析

google proxy
mobile view

lou_trans


LINKZ
--

あわせて読みたい

MoKuJi
タグ
検索
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ブロ電™切符

[BR]ブロガーズネットワーク再考 その9
f0002759_23335919.jpg

ブロガーズネットワークのマーケティングでの活用についての雑考シリーズ。

ちょっと別のことを書こうと思って温めていたテーマもあるのですが、ホットな話題があがっていたので…

GoogleとPayPerPostについて。

これまでの関連エントリーは以下…
チミンモラスイ? : [BR]ブロガーズネットワーク再考 その0」2008.10.10
チミンモラスイ? : [BR]ブロガーズネットワーク再考 その1」2008.10.17
チミンモラスイ? : [BR]ブロガーズネットワーク再考 その2」2008.11.4
チミンモラスイ? : [BR]ブロガーズネットワーク再考 その3」2008.11.9
チミンモラスイ? : [BR]ブロガーズネットワーク再考 その4」2008.11.17
チミンモラスイ? : [BR]Re:ブロガーズネットワーク再考 その3」2008.11.23
チミンモラスイ? : [BR]ブロガーズネットワーク再考 その5」2008.12.1
チミンモラスイ? : [BR]ブロガーズネットワーク再考 その6」2008.12.27
チミンモラスイ? : [BR]ブロガーズネットワーク再考 その7」2009.1.12
チミンモラスイ? : [BR]ブロガーズネットワーク再考 その8」2009.1.16

:



Googleの急上昇ワードブログパーツが、CyberBuzzをつかってプロモーションしている?
という話題なのですが…

ブログパーツについては、GIGAZINEでも紹介されております。

→「みんなが今何を知りたがっているかが一目瞭然となる「Google急上昇ワードブログパーツ」」2009.1.30 @GIGAZINE

記事のタイムスタンプのところに…

2009年01月30日 09時00分01秒 in ソフトウェア, ムービー, レビュー, 広告 Posted by darkhorse_logb


タグとして広告をテーマにしたものでもないのに、[広告]というのがあるのが気になるところではありますが…[レビュー]と[広告]はセットなのかも。


このGIGAZINEの記事はCyberBuzzとは関係ないようです。


話題の発火点はココ?

→「Google Japan Buys Dirty Pay-Per-Post Links」2009.2.9 @Asiajin
Google Japan seems desperate in chasing the Mighty Yahoo! (see here for example). They are now using a tainted and controversial social media optimization method called pay-per-post, provided by CyberBuzz.


この記事を受けて、TechCrunchがとりあげて…

→「Pay Per Post: Google Uses Every Trick To Beat Yahoo In Japan」2009.2.9 @TechCrunch

さらに、その記事が日本版のTechCrunchで翻訳記事があがっております。

→「Yahooからの市場奪取に向けて手段を選ばぬGoogle、PayPerPostキャンペーンを採用」2009.2.10 @TechCrunch Japan

で、Asiajinの記事を出発点にしたところから…

→「いいサービスであっても、広告主がどういうビジネスをしているかによってはやっていい手法とそうでない手法がある。」2009.2.9 @mediologic.com/weblog

さらに、CyberrBuzzのキャンペーン参加ブログに接触した方からも…

→「[N] Google「急上昇ワードランキング」の紹介でCyberBuzzを利用」2009.2.9 @NETAFULL

#もしかしたらここが出発点かもです

そして、だんだんと、GoogleがPayPerPostに加担?検索アルゴリズムとしてもペナルティとかなかったっけ?とか、そういった話題をいろいろと目にするようになりました。

はてなブックマーク界隈でもコメントがいろいろとついております。

→「はてなブックマーク - Google Japan Buys Dirty Pay-Per-Post Links | Asiajin
→「はてなブックマーク - Yahooからの市場奪取に向けて手段を選ばぬGoogle、PayPerPostキャンペーンを採用
→「はてなブックマーク - [N] Google「急上昇ワードランキング」の紹介でCyberBuzzを利用


以前のエントリーで、六本木ヒルズで展開された「iGoogle Art Cafe」について触れたことがありますが、これもCyberBuzzでのプロモーションとなります。

チミンモラスイ? : "iGoogle Art Cafe"に行った!」2008.4.18
チミンモラスイ? : グーグルノセンデン」2008.9.28


ブログマーケティングでは、ステルスでないかぎりブログにプロモーションについての情報が公開されるわけですが、これまでのグーグルがクライアントになっているっぽいものとして、以下のようなものがあります。

2007年10月
CyberBuzz YouTube Mix - Google 検索

2008年4月
CyberBuzz iGoogle Art Cafe - Google 検索

2008年9月
CyberBuzz アーティストiGoogle - Google 検索

2009年1月
CyberBuzz 急上昇ワードランキング - Google 検索


いまさら、騒ぎになるのも微妙な気もするのですが、Asiajinで指摘するように、検索サービスの品質としてPayPerPostに対するページへ評価を下げる対応をおこなっていると宣言している以上、自らそういったマーケティングを行うことは自己否定につながると受け止められてもしかたないかもしれません。

→「Selling links that pass PageRank」2007.12.1 @Matt Cutts: Gadgets, Google, and SEO

このあたりが話題になっていたときに、お金をもらってリンクを生成するPaidLinkへの措置だという認識をもっていたのですが...

→「PayPerPost参加ブログ、Googleから締め出される」2007.11.19 @TechCrunch Japan

PayPerPostについても影響があったようですね。

で、Twitter上で、未明に以下のようなやりとりがあったりしたのですが、

Twitter / Bouazza SaadEddine: @MattCutts: Google Japan u ...
@MattCutts: Google Japan using PayPerPost ( CyberBuzz )... some explanations ? :-P

Twitter / Matt Cutts: @refpress , I'm asking/che ...
@refpress , I'm asking/checking, but Japan is just waking up right now..


どうするのかなーと思っていたところ…

さっそく、Google Japanの公式ブログで以下のような謝罪がアップされております。

Google のマーケティング活動について」2009.2.10 @Google Japan Blog
今回、そのプロモーション活動の一部でブログを活用したことが、Google のサーチに関するガイドラインに違反することが判明し、このプロモーションに関しては中止しました。

→→「ウェブマスター向けガイドライン - ウェブマスター/サイト所有者 ヘルプ

【関連記事】
Google、CyberBuzzのマーケティング活動を中止」2009.2.10 @SEM R
[N] Google、ブログを活用したマーケティング活動について謝罪」2009.2.10 @NETAFULL
[を] Google がブロガーにお金を払って広告記事を書かかせていたが実はそれは Google のポリシーに反する」2009.2.10 @たつをのChangeLog
2/10はPPPを書いたらリンクにと入れるのが周知された日」2009.2.11 @煩悩是道場
グーグル日本法人「急上昇ワード」の汚い宣伝手法で自滅」2009.2.11 @スラッシュドット・ジャパン

グーグル、プロモーションで謝罪--抵触したサーチガイドラインとは」2009.2.10 @CNET
グーグル、ブログ利用のプロモーションについて謝罪」2009.2.10 @INTERNET Watch
Google、自社製ブログパーツのブログ口コミ中止 「検索ポリシー違反」」2009.2.10 @ITmedia


自社のサービスの品質にかかわるところでもあるので、こういった迅速な対応というのは重要だと思います。
(ただ、これまでの経緯などにまったく触れていないのは、いかがなものかとも思うのですが…)

こちらについても、はてブ界隈でいろいろなコメントがついております。

→「はてなブックマーク - Google Japan Blog: Google のマーケティング活動について

まあ、いろいろな意見があるとは思うのですが、今回こういった謝罪があったということは、なんらかの形でグーグルが関与していたということですので、

クライアント:グーグル
エージェント:サイバーバズ

ということなのだと推測されます。

#今回の経緯についての説明が上に掲げたCNETの記事に追記としてあがっています。
#キャンペーン自体を取り消すこととして、CyberBuzzを通じて、該当エントリーの削除を依頼するとこのこと。


(今回、なぜかブログーパーツの提供自体は、カヤックのblogdecoだったりするのが、いまひとつ謎なのですがw)


ブログマーケティングとして、ネットのトラフィックへの影響力として存在感のあるサービスがこういった判断を明確にしたことで、やはりコンテンツとしての信頼性ということでもきちんと向かい合っていかないといけないのではないかとも思います。

→「PayPerPostサービスの終焉」2007.11.21 @smashmedia

このエントリーにあるように、PPPモデルということについてきちんと考える時期かもです。

こういったことを契機に、クライアント側もPPPに対して慎重になってくるといったことも考えられます。
(メディアの精査を前提にPPPに向く商品もあると、個人的には思うのですが…)


ちなみに、Yahoo!Japanでは、PPPサービス自体を提供しておりました。

→「ブロガー向けニュースリリース配信サービス「BR+」を開始」2007.9.19
#2009年1月15日に終了


、そんなことより、なにより気になることが・・・
TechCrunchの記事でGoogle Japanの会社概要がCrunchBaseから表示されているのですが、

Location:Osaka, Japan

となっているww

グーグルって、渋谷(Tokyo)じゃないの??

全然関係ありませんが、PRマネージャー職を募集しているみたいですねww

→「PR マネージャー - 東京


【追記】
Googleのオフィシャルブログでの発表後の関連記事をいくつか追加

Asiajinにも、GoogleJapanの謝罪?についてのエントリがあがってますね。

→「Google Japan Apologizes For Inappropriate Pay Per Post Use」2009.2.10 @Asiajin
[PR]

by p-article | 2009-02-11 00:00 | コミュニティ
<< ゲイノウジン×ブログ ドワンゴとニワンゴ >>